聖なる煙「キフィ」の香り成分は?/メールマガジン第51号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.51

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

少しずつ暖かくなってきましたね。
こうなってくると春物の新しい洋服が欲しくなるのが女心というものです。

今年の春夏の流行のキーワードは「ギーク」、いわゆるオタク風ファッションだそうです。
ちょっとレトロでダサかっこいい、
普通とちょっと違うファッションがギークスタイルとのこと。
例えば丸メガネでベレー帽でブカブカの服を着て・・・といった風貌のようです。

あとはワンショルダー(片方の肩を出す)の服が流行るとのこと。
失敗するとだらしないスタイルになりますが、そこはセンスの見せ所。

・・・

いずれにしても私にはハードルが高すぎます・・・。
流行を追うには難しい年齢になりました。

それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:古代エジプトの安眠アロマ、キフィ

2:社員紹介 No.10 細川

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:古代エジプトの安眠アロマ、キフィ
---------------------------------------------------------------------------------

数年前に「ある特定の精油に安眠効果あり」と研究機関が発表し話題になりました。
睡眠時に香りを使用するということは、実はかなり昔から生活に取り入れられていて、
なんと古代エジプト時代にはすでに”安眠アロマ”が存在していたそうです。

古代エジプトでは日の出、正午、日没にそれぞれ異なる香りを焚いていた
と言われています。
日の出には乳香(フランキンセンス)を、正午には没薬(ミルラ)を、そして
日没から焚かれたのが”聖なる煙”の意味がある「キフィ」という香りでした。

キフィは「悪魔が寝室に入ることを防ぎ、眠りを誘い、悩みを和らげ、心地よい夢に導く」ために 焚かれ、かのクレオパトラも愛用したそうです。
心を落ち着かせる効果があったため、瞑想の時にも使用されていたようです。

乳香も没薬も木の樹脂であるのに対し、キフィは「調合香料」で作られていました。
世界最古の医学書である「Ebers Papyrus」によると約16種類の植物性香料で
出来ていましたが、 時代やファラオによって微妙に調合が異なったため、
現在伝えられているキフィのレシピも複数存在します。
代表的な成分としては、ジュニパーベリー、没薬、シナモン、ペパーミント、ハチミツ、
干しブドウ、サフラン、シプレス、ワイン、レモングラス
などが挙げられます。

ちょっと甘くスパイシーな香り、といったイメージでしょうか。
成分だけ見ると安眠というよりは心がスッキリする香りのように感じますが、
実際に焚いてみると、不思議と落ち着いた香りになるそうです。

エジプトでは今でもお土産として販売されていますが、
日本でもアロマショップ等で販売しているところもあるようですよ。

私も興味はありますが、まだ実際に嗅いだことはありません。
自分で作ってみたいと思うのですが、材料を揃えるのがなかなか大変なので、
機会があればアロマショップで購入したいなと思っています。

古代エジプトに思いをはせながら香りを楽しむなんて、ちょっと素敵ですね。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:社員紹介 No.10 細川
---------------------------------------------------------------------------------

始めまして、日本デオドール細川です。

技術室にて消臭器の製作やメンテナンスなどを行っています。
また昨年、臭気判定士の資格を取得したので、
少しずつにおいに関する他の業務もできるよう勉強しています。

趣味はドライブや電車でぶらぶらと出かけるのが好きです。
友人と目的地を決めて遊ぶのも楽しいですが、
ひとり気の向くまま、ただ移りゆく車窓を眺めることも楽しく感じます。

性格は飽きっぽいところがあります。
新しいことや自分の知らないことにはすぐに興味を持ち、
どんどん知りたい、習得したいと思うのですが、
ある程度時間がたつと自分でも信じられない位冷めてしまいます。

趣味でも同じです。なかなか長続きしません。
もし、飽きっぽい人でも夢中になれると思うものがあれば
ぜひ教えていただきたいと思っています。

今後、メンテナンスなどでお会いすることがあるかと存じます。
その時はどうぞ宜しくお願いいたします。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

現在夜泣き時期真っ只中な我が家の次女。
毎夜毎夜、1時間置きにギャーギャー泣きます・・・。
おかげでこちらもひどい寝不足です。

今回安眠アロマをご紹介しましたが、はたして赤子にも効き目があるのかと
メルマガを書いていて思った次第です。
アロマで夜泣きが治まったら・・・早速今夜から試してみよう!!!

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2017.3.10配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.50  メルマガNo.51  メルマガNo.52

このページのTOPへ