圧搾法について/メールマガジン第54号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.54

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

6月、いよいよ梅雨入りですね。
ジメジメした日が続くと気になるのがカビです。

市販のカビ対策薬品はちょっとニオイが・・・という方にお勧めなのが精油です。
なかでも一押しの精油は「ラベンダー」。
カビ対策 = スーっとした香りと思われがちですが、
意外にもラベンダーは抗菌効果抜群なんです。

精油+無水エタノール+精製水で作ったアロマスプレーを
気になる場所にシューっと吹くだけで、良い香りのカビ対策になりますよ。

それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:精油の抽出方法 ~圧搾法~

2:デオドール初の試み インターン受け入れ

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:精油の抽出方法 ~圧搾法~
---------------------------------------------------------------------------------

前回に引き続き、精油の抽出方法をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは「圧搾法」
またしても読んで字のごとく、植物を搾って精油を採取する方法です。

圧搾法はレモンやオレンジなどの柑橘系の精油を採取する際に用いられます。
柑橘類は主に果皮に精油が含まれており、
他のハーブなどと比べて精油が蓄えられている袋(油胞)が大きいため
圧搾するだけで精油を採取することができます。
(水蒸気蒸留法で採取された柑橘類の精油も存在します)

現在は機械によって果皮を圧搾、遠心分離して精油を採取する方法が主流ですが
昔は果皮を手で搾って、浸み出した精油を海綿に吸わせて採取する「海綿法」や、
内部に突起物が付いた容器に、果皮を押し付けて転がしながら精油を採取する
「エキュエル法」などが採用されていました。

圧搾法は水蒸気蒸留法と違い、熱を加えることなく精油を採取できるため、
自然のままの香りを楽しめるところが最大の利点です。

難点としては、原料のしぼりカスなどの不純物が混入してしまったり
自然のまま=不安定な成分も含まれてしまうため、
精油が酸化し劣化しやすいことが挙げられます。
そのため通常精油の使用期限は、開封後1年が目途と言われていますが
圧搾法で採取された精油に関しては、開封後半年を目途にするとよいとされています。

よく精油のことをエッセンシャルオイルとも呼びますが、
細かく言うと「エッセンシャルオイル」
植物などを蒸留して採取したもののことを指すため、
圧搾法で採取したものは「エッセンス」と呼ぶのが正しいそうです。

果実そのままのフレッシュな柑橘系精油の香りは、
圧搾法ならではの産物なのでしょうね。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:デオドール初の試み インターン受け入れ
---------------------------------------------------------------------------------

日本デオドールでは、今年初めて大学生のインターンを受け入れています。

目的は、早いうちから匂いや香りに興味を持ってもらい、
それらを専門にプロデュースする仕事があることを知ってもらいたかったからです。

5月末に1人目のインターンが、約2ヶ月の期間を経て無事修了していきました。

そして、インターンを導入したのにはもう一つ理由が。
それは、既存スタッフの意識改革です。
においの知識がない若者に、どうやって説明したら分かりやすく伝えることができるか。
これはお客様への対応にも通じます。

ブログやSNSで、インターンの取り組みを紹介していますので、
よかったら覗いてみてください。

http://yukihiro-kakimoto.hatenablog.com/entry/2017/06/05/141848

https://www.deodor.co.jp/2017/06/021542.html

来週から2人目のインターンがやってきます。
インターンロスなデオドールに、また新しい風が吹きそうです。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

実は先日、人生で一番高い買い物と言われている「マイホーム」を購入しました。
これから数十年、ローンと言う名の借金地獄が待っております。

そして内覧会(購入した家に不具合がないか入居前にチェックする場)に行ったのですが
ついつい臭気調査さながらにニオイを嗅ぎまくってしまい、
住宅メーカーさんをドン引きさせてしまいました。

こんなところで職業病です。

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2017.6.8配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.53  メルマガNo.54  メルマガNo.55

このページのTOPへ