超臨界抽出法について/メールマガジン第57号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.57

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

休みが終わり、新学期がスタートしました!
カレンダーをめくった時、「これでいつもの生活に戻れる・・・」と
ホッと一息ついた方も多いのではないでしょうか。

勿論、私もその一人です。

それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:精油の抽出方法 ~超臨界抽出法~

2:社員紹介 No.14 小林

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:精油の抽出方法 ~超臨界抽出法~
---------------------------------------------------------------------------------

5回に渡ってお届けしました精油の抽出方法も今回が最後です。

ラストは「超臨界抽出法」という方法。
「超臨界流体抽出法」や「超臨界二酸化炭素抽出法」と呼ばれることもあります。
1970年代に開発され、今までの方法と比べると新しい技術になります。

水蒸気蒸留法のように熱を加えることもなく、
溶剤抽出法のように溶剤が残存することもないので
開発された当時は非常に画期的な方法として注目されたそうですが、
機器が大がかりなうえ大変高価なため、
精油の抽出方法としては予想されたほど普及はしていないようです。


方法としては、まず圧力をかけると液化する気体(主に二酸化炭素)に超高圧を加え、
気体と液体の中間の超臨界状態(流体)にします。

次に、その流体の中に原料となる植物を入れます。
するとその流体が精油成分を取り込みます。
その後圧力を元に戻し、再び気体に戻すと精油のみが残る、という仕組みです。

精油以外では食品や香料、野菜の残存農薬の抽出等に使用されたり
最近よく耳にするカフェインレスコーヒー、
いわゆるデカフェの製造に使用されたりすることもあります。
安全性が高くコーヒーの香りを損ねないため、人気の方法だそうです。

それにしても気体と液体の中間ってどのような感じなのでしょうか。
正直、全く想像できません。一度見てみたいものです。


様々な精油の抽出方法をご紹介しましたが、どの方法も良い点や難点があり、
一概に「この方法が素晴らしい!」というものはありません。
また、原料となる植物の状態、形状によっても最適な抽出方法が変わります。

一般的に販売されている精油には、抽出方法が記載されているものも多いですので、
今後は「この精油はどの抽出方法で採取されたのかな?」
と確認してみるのも面白いと思いますよ。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:社員紹介 No.14 小林
---------------------------------------------------------------------------------

こんにちは!
デオドールのホームページや公式SNSを担当している小林と申します。

この会社を知ったのは就職活動をしていた学生の頃。
求人情報誌に載っていた広告を見て、
世の中にはこんな仕事があるんだ!と驚いたことを覚えています。

それから20年あまり経ち、友人に会社の説明をすると、
「そんな仕事があるんだ!」と未だに言われます。
あの頃の自分と同じですね。

『経済活動によってニオイが発生し、それを解決する会社がある』
ということを少しでも多くの人に知ってもらえたらと思います。

プライベートでは、子供と一緒に始めた空手にはまっています。
年甲斐もなく「えいっ!」と気合を入れながら、楽しく汗をかいております。

これからもよろしくお願いいたします。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

今回の引っ越しで、住まいがマンションから戸建てに変わったのですが、
戸建ての場合、部屋着のまま外に出る機会が結構多いということがわかりました。

玄関掃除にゴミだし、新聞取り等々で玄関先に出るため、
部屋着のまま公衆の面前に晒されるわけです。
今まで部屋着にはジャージや謎のキャラクターTシャツを着用していましたが、
これでは恥ずかしい!と思うようになりました。

しかし部屋着に何千円もかけて新調するのはいかがなものかと悩んでいたところ
たまたまゴミ出しタイミングが一緒になったお隣の奥様の格好を見てビックリ!
恐らくお子さんのであろう、名前入りのジャージでした。
あ、やっぱり今のままでいいやと開き直った今日この頃です。

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2017.9.7配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.56  メルマガNo.57  メルマガ No.58

このページのTOPへ