ネコとアロマの関係/メールマガジン第63号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.63

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

卒入学シーズンの到来ですねー!
皆さまのご家族でも卒業、入学、入社の方はいらっしゃいますか?

我が家でも長女が今月幼稚園卒園で来月小学校入学になります。
式典は子供もですがママもオシャレしないといけません。

卒入学式に着用しようと、幼稚園入園時に購入した私のスーツを引っ張り出したところ
ブカブカで着れませんでした。
そういえば当時は人生最大のデブ期でした。

仕方ないのでスーツを新調。サイズはジャストサイズよりやや小さめを購入しました。
もう二度と太らない、私の決意の表れです。

それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:ネコとアロマテラピー

2:日本デオドールのご紹介

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:ネコとアロマテラピー
---------------------------------------------------------------------------------

前号でペットとアロマの関係について掲載したところ
このメルマガを読んでくれている知人から「ネコが特に注意が必要とはどういうこと?」
との質問をいただきました。

そこで今回はネコとアロマテラピーの関係についてお伝えしたいと思います。

ネコを飼っている方なら「ネコにユリ科の植物が危険」など
危険とされている植物が多いことご存じかと思います。
精油は植物から採取していることを考えると、
精油もネコにとっては気を付けたほうがよいものであるとわかります。


何故ネコは特に注意が必要なのでしょうか。

それはネコが遺伝的に精油成分をうまく代謝できないからです。
ネコと同じくペットとして広く愛されている犬は雑食で、
植物性のものも食べ排出することができます。
またウサギなどは草食動物ですから勿論植物を消化できます。

一方ネコは肉食動物ですので、植物を消化吸収する機能がうまく働きません。
人間や犬など他の動物とは肝臓の解毒機能が異なり、他の動物では解毒できる成分が
ネコの場合は解毒できず体内に蓄積して悪影響を及ぼすと言われています。


ではどの精油が危険でどの精油が安全なのかという疑問がわきますが
これは正直一概には言えません。

まだそこまで研究が進んでいないこともありますが、前回お伝えしたように
同じ「ラベンダー」でも産地や収穫時期で成分が異なるなど精油自体にも違いがあります。
またネコ自身の個体差もありますので、はっきりと言い切ることができません。
ただ一般的に広く使われている精油のうち、
以下のものはネコに対して注意が必要と言われています。



舐めたり、肌に直接塗布しなければ大丈夫だろうと思いたくなりますが、
お部屋で香りを漂わす程度でも精油成分は体に吸収されます。
精油には蓄積性もありますので、今日は大丈夫でも明日は駄目ということも考えられます。
そのためネコがいる空間で香りを楽しむ際は、充分な注意が必要になります。


ちなみにネコと同じく肉食動物であるフェレットも、ネコと同じように注意が必要です。

実は私、数年前までフェレットを飼っていました。
職業柄、フェレットのいる部屋で精油を使用することもしばしばありましたが
特に問題なく生活し、天寿を全うしたように思います。

我が家の場合、自社製の精油入り消臭剤は普通に使用していましたが、
アロマ使用後は換気して長時間香らせないようにすることを心がけました。
「こういう使い方なら大丈夫」というわけでなく「こういう例もある」として
伝わるとありがたいです。


かわいいペットの健康を守るため、充分な注意は必要ですが
必要以上に恐れてアロマを一切排除!としてしまうこともないかと思います。
人間と動物がお互い居心地よく過ごせるために、
状況をみてアロマをご活用いただければ幸いです。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:日本デオドールのご紹介
---------------------------------------------------------------------------------

社員紹介シリーズも今号で一旦おしまいです。
ラストは・・・日本デオドールそのものをご紹介させていただきます。

日本デオドール株式会社は昭和58年創業、今年で創立35年の会社です。
先代の社長が「日本から嫌なニオイをなくそう!」と決意して設立しました。
「よりよい生活環境を創造する」を社是とし、
創業以来一貫して暮らしの中のにおい問題に取り組んでいます。

「より自然に近い空気」にこだわり、
フィトンチッドなどを使用した「森の空気」による消臭を行い
人と環境にやさしいシステムを採用していることが当社の特長です。

近年では消臭対策だけでなく、香り演出業務も行うようになりました。
においを消す、香りを出す、においの原因を調べるなど
“におい”に関する様々な事柄に取り組んでおります。

これからも心地よい空気環境をつくるため、邁進致します。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

花粉に悩まされる季節がやってまいりました。
我が家の次女(1歳)が最近やたら咳き込んだり目をこするので
もしやと思い病院で診てもらったところ、やっぱりまさかの花粉症でした。

1歳で花粉症・・・。
不憫な我が子です。
花粉症が辛いのか、治まっていた夜泣きまで再開してしまいました。
悩ましい季節です。

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2018.3.14配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.62  メルマガNo.63  メルマガNo.64

このページのTOPへ