ドクダミの花の香りについて/メールマガジン第65号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.65

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

先日長女から「お母さん、欲しいものある?」と聞かれ
「お金」と即答したら深いため息をつかれてしまいました。

どうやら母の日のプレゼントリサーチだったようです。
母の日にお金・・・は無いですよね。反省。
もう少し察しの良い母親になりたいものです。

母の日といえばカーネーションを贈ることで有名ですが
父の日に贈るお花は本来「バラ」だそうです。
ちなみに父親が健在の場合は赤いバラを、
亡くなられている場合は白いバラを贈るそうです。

しかしながら私は毎年父に焼酎をプレゼントしています。
花より団子ですね。


それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:その花の香りの正体は?~ドクダミ~

2:今年もあります!臭気判定士試験

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:その花の香りの正体は? ~ドクダミ~
---------------------------------------------------------------------------------

前号でジャスミンの香りについて取り上げたところ
一部の方からご好評をいただきましたので、
それならば!と植物の香りについて、
不定期ですがシリーズ化してお届けしたいと思います。


今回はこれから最盛期を迎える白いお花・・・ドクダミです。
え?ドクダミ?雑草?臭いし嫌い!と言われそうですが、
そこはちょっとお待ちください。

漢方として使用されていることは皆様ご存じかと思いますが
調べてビックリ、実に面白い魅力あふれる植物でした。


まず「白い花」と前述しましたが、実は白い部分は花ではなく
中心の黄色い部分が本当の花だそうです。
そしてこの花が咲いている時期のドクダミが、最も薬理効果が高いとされています。

ドクダミ独特のニオイ、その正体は
「デカノイルアセトアルデヒド」という成分です。
この物質には非常に強い抗菌作用があり、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌や
水虫の原因となる白癬菌を殺菌する作用があると言われています。

ただしこの成分は乾燥すると効果がなくなってしまうため、
殺菌効果を期待して使用する場合は、生の葉をお使いください。


また同じくニオイの正体と言われている
「ラウリルアルデヒド(ドデカナール)」は、
パクチー(コリアンダー)やキュウリにも含まれる成分で、
希釈するとバイオレット(スミレ)の香りになるそうです。

殺菌効果以外でも利尿作用や動脈硬化予防、美肌効果など様々な効果が期待でき
開花時期の地上部分を乾燥させたものが生薬として用いられています。
そして乾燥させると、あの独特のニオイはほとんど無くなります。


ベトナムではハーブとしてよく料理に使用されるそうですが
ベトナムで使用されているドクダミは、
日本のドクダミよりも香りが弱いそうですよ。


花言葉は「野生」と「白い追憶」
開花時期に特に強く放つ、あの独特のニオイを嗅ぐことで
色々な思い出が蘇ることから「白い追憶」という花言葉になった、
という説があるそうです。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:今年もあります!臭気判定士試験
---------------------------------------------------------------------------------

今年の臭気判定士試験の日程が発表されました!

今年の試験日は11月10日(土)。

6月11日(月)から受験申請書配布を行い、
申請受付期間は7月9日(月)~9月7日(金)までとのこと。

ここ数年、合格率は20%台と低く、難関資格となりつつあるようです。
もし受験をお考えの方は、早め早めに受験対策を講じられることをお勧めします。

詳細は公益社団法人におい・かおい環境協会のホームページをご覧ください。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

先日次女と一緒にアンパンがヒーローになる超有名アニメを観ていたところ
「ドクダミ夫人」なるキャラクターが登場しました。
その夫人がふるまう「ドクダミ茶」が美味しいらしく、子供でも喜んで飲んでいました。

そういえば私はまだドクダミ茶を飲んだことがありません。。。
どんな味なのか、とても気になります。

その夫人の決め台詞である「ドクダミダミダミー」は、現在次女の口癖になっています。
あのアニメの影響力は物凄いです。

それではまた来月!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2018.5.16配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.64  メルマガNo.65  メルマガ No.66

このページのTOPへ