音で香りを表現する「香階」/メールマガジン第76号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.76

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

平成もあと残り僅かになりましたね。
最近、「平成最後のセール!」という言葉にとても弱く
ついつい財布の紐が緩みがちです。
改元に完全に乗せられております。

昭和から平成に変わった時、まだ私は子供でしたが
凄いことが起きたと感じ、これを機に色々改めようと思ったことを思い出しました。
子供の頃の自分に恥じぬよう、心改めたいと思います。

それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:香りと音の結びつき「香階」

2:臭気判定士会の意見交換会開催のお知らせ

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:香りと音の結びつき「香階」
--------------------------------------------------------------------------------

「香階」という言葉を聞いたことはございますか?

香階とは19世紀にイギリスの化学者であり調香師でもあったピエスという人が考案した
46種類の香料に音程を当てはめたものです。

当てはめた、といってもなんとなく「ドだからドっぽい香りで」と決めたのではなく
揮発性の髙い香りは高い音に、揮発性の低い香りは低い音にと
音階と香りの揮発性を合わせて作られているそうです。

更にすごいのは、オクターブごとに香りが調和するように作られていることです。
例えばドの香りには白檀、ゼラニウム、ローズ、ジャスミンがあり
優しいフローラル系の香りでまとめられています。
そして和音は調和した香りに、不協和音は合わない香りになるようにされている
という徹底ぶり。


2015年には、某有名柔軟剤メーカーの新商品プロモーションの一環として
香階を体感できる「パフューマリー・オルガン」が開発されました。
オルガンを弾くと、音に合った香りが漂ってくるという、なんとも夢のあるオルガンです。

今でも時々イベントで展示されているそうです。
香りと音楽の織り成すハーモニーを是非体感してみたいですね。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:臭気判定士会の意見交換会開催のお知らせ
--------------------------------------------------------------------------------

当社が協賛しております「臭気判定士会」が5月13日東京で意見交換会を開催します。
今回は臭気対策に力を入れられている横浜市環境保全課の方をお招きして
横浜市の条例や取組みについてご講演いただきます。

臭気対策に携わる方は勿論、環境関連のお仕事をされている方
また、飲食店を経営されている方には参考になること間違いなしです。

臭気判定士会員以外の参加も歓迎とのことですので
ご都合のつく方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催日時:平成31年5月13日(月)15:30~17:30
場所:新コスモス電機(株)東日本支社(最寄り駅:JR浜松町駅金杉橋口より徒歩2分)
参加費:会員 2500 円/非会員 3000 円

詳細は臭気判定士会ホームページ
【平成31年度総会及び第1回意見交換会のお知らせ】をご覧ください。

http://ojta.web.fc2.com/


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

最近、小学2年の長女が
「それは令和になったらやる。」
「令和になったら頑張る。」
と、悪い意味で改元に乗せられてる発言が増えています。

「言い訳はいいから、今から頑張りなさい!」と叱ると、
「お母さんも最近同じこと言ってるよ」と言われました。

ぐうの音も出ないとはまさにこのこと。
親子共々、平成のうちから頑張らないと。

それではまた来月!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2019.4.16配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.75  メルマガNo.76

このページのTOPへ