「においの測り方」欧米編/メールマガジン第86号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.86

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

毎日のように流れてくる新型コロナウィルスのニュース。。。
これだけ連日メディアに取り上げられ、「新型」だの「特効薬なし」だのと言われると
パニックを起こしそうにもなりますが、
そんなときこそ落ち着くことが大切だと思う今日この頃。

残念ながら現時点では「新型コロナウィルスにアロマが効果的!」
という知見はないそうですし、ここはすでに効果的として専門家が推奨している
「手洗い」「うがい」「人混みは避ける」を粛々と実行することがよさそうですね。

私の周囲では現在インフルエンザが流行中。
こちらの対策もなんとかせねば!


それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:におい the world ~世界のにおいの測り方・欧米編~

2:期間限定発売!本格的な梅の香りのビーズ

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:におい the world ~世界のにおいの測り方・欧米編~
--------------------------------------------------------------------------------

先月号「世界のにおいの測り方・日本・アジア編」に引き続き
今月は欧米編をご紹介します!

欧米諸国で採用されている方法は「オルファクトメーター法」と言います。
先月ご紹介した「三点比較式臭袋法」と基本は同じで
「人間の鼻」を使って測定、数値化しています。

やり方としては、専用の機械(高価です!)を使って自動的に臭気を希釈し
無臭空気と希釈された臭気を嗅ぎ比べ、
においを感知できるようになるまで続けます。


日本が採用している「三点比較式臭袋法」と比較して、大きく3つの違いがあります。


①パネル(被験者)の選定方法

どちらも嗅覚に異常がない人を被験者にするため嗅覚検査が必要ですが、
三点比較式臭袋法では、5つの基準臭の嗅ぎ分けを必要とするのに対し、
オルファクトメーター法の場合は、1種類の基準臭で検査を行います。


②機器の使用有無

オルファクトメーター法では専用の機械を使い、自動で臭気の希釈を行います。
そのため、手作業で希釈を行う三点比較式臭袋法に比べ、
作業者によるばらつきが出にくくなります。
しかし、臭気によっては機器の配管に成分が付着してしまい
正確に測定できない可能性が指摘されています。


③臭気の薄め方

三点比較式臭袋法の場合は、最初に「誰もが感知できるにおいの強さ」から嗅ぎ始め
段階的に『におい』を薄くしていく下降法なのに対し、
オルファクトメーター法の場合は、「誰も感知できないにおいの強さ」から嗅ぎ始め
段階的に『におい』を濃くしていく上昇法となっています。


どちらの測定方法も一長一短がありますが、
におい文化の違いでしょうか、欧米とアジアで方法が分かれるところが面白いですね。


……………………………………………………………………………………………………
2:期間限定発売!本格的な梅の香り
--------------------------------------------------------------------------------

恒例となりました期間限定「梅の香り」。
只今、好評販売中です!
今年はより手軽に楽しんでいただけるよう、いつもの専用容器タイプの他、
紙のケースタイプもご用意しました。

よく「梅の香り」として販売されている香りは、
おいしそうな食べ物の梅味を彷彿させるものが多いのですが
当社の「梅の香り」は、あの高貴で優しい花の香りをしっかりと再現しています!

3月3日(火)までの期間限定商品です。
ご自宅の玄関に季節の花の香りを漂わせてみませんか。


こちらの商品は販売を終了いたしました。ご愛用ありがとうございました。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

以前、当社の香りビーズラインナップに「すずらんの香り」があり、
とても良い香りだったのですが
諸事情により数年前に販売終了になってしまいました。

わずかに残っていた在庫を少々わけてもらい(スタッフ特権です)、
自宅のトイレに置いたところ、家族のみならず来客者からも大好評!
「この芳香剤どこで買ったの?!同じ物が欲しい!」と言っていただきました。

かなり前に製造されたのに、いまだにしっかり香るとは。。。
手前味噌ですが、デオドールの香りビーズはなかなかの代物です。
すずらんの香り、復活検討希望してみようかな。


それではまた来月!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2020.2.19配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.85  メルマガNo.86

このページのTOPへ