ウィルス・細菌・カビについて/メールマガジン第87号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.87

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。


日本中、いえ世界中が新型コロナウィルスのせいで大変なことになっていますね。
私の周りでも「隣町の人がかかったらしい」だの「友人の会社の人がなった」だの
身近な情報も入ってきて、もはや他人事ではなくなってきました。
買占め問題に続き、コロハラだのコロナ鬱だの二次的被害まで出ているようです。

こういうときは、あまり情報に惑わされずできるだけ平静な心で過ごしたいですね。
落ち着くにはラベンダーやホーウッドの香りがおすすめですよ。


それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:ウィルス?菌?カビ? ここが違う

2:臭気調査と臭気測定の受付見合わせのお知らせ

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:ウィルス?菌?カビ? ここが違う
--------------------------------------------------------------------------------

毎日のように耳にする「ウィルス」という単語。
そして店頭から消える除菌グッズ・・・
ウィルス対策なのに除菌?と疑問に感じたかたもいらっしゃるのでは?

ウィルスと細菌とそしてカビ。
においにも密接に関わるこれらの違いについて今回は取り上げたいと思います!


●ウィルス

生物は基本的に細胞から出来ていますが、ウィルスは細胞を持っていません。

一般的に遺伝子と言われている核酸(DNAやRNA)と、
それを取り囲むカプシドという殻(タンパク質)からできています。
さらにそれを取り囲むエンベロープという膜をもつものもいます。

細胞がないためウィルスは単体では増殖できず、他の生物に寄生して
その細胞の力を使って増殖します。
そのためウィルスは生き物ではない、という意見もあります。

ウィルス対策にアルコールが効く!と言われているのは、
アルコールがエンベロープを破壊して内部にダメージを与えるためです。
エンベローブを待たないウィルスも存在しますが、
コロナウィルスはエンベロープを持っていますので、アルコール消毒が有効といえます。


●細菌

細菌は細胞を1つしかもたない生物ですが、栄養さえあれば自力で増殖できます。
体臭の原因や洗濯物の生乾き臭の原因とされる「モラクセラ菌」など
ニオイの原因となることも多いのが細菌です。

大抵の細菌に対してアルコールは有効ですが、
ボツリヌス菌など芽胞の菌は固い殻があるので効果が期待できません。

なお抗生物質は細菌を退治するための薬で、ウィルスには効果が期待できません。


●カビ

よくカビ=細菌と思われがちですが、実はカビは細菌ではありません。
カビは細胞を多数もつ「多細胞生物」である「真菌」であり
キノコと同じ括りになります。
そのため細菌には効果がある抗菌薬もカビには効果がない、なんてこともあります。

そして大きさも細菌よりも大きくなります。
(大きさを比較すると、ウィルス<細菌<カビとなります。)

カビが作り出すニオイは、皆さまご承知のあの「カビくさいにおい」です。
水虫の原因となる「白癬菌」も細菌ではなくカビの一種です。


簡単に説明させていただきましたが、いかがでしょうか。
病気もニオイも相手を知ることで対策は練りやすくなります。
原因となるものが何なのか、しっかりと把握して効果的な対応をしたいですね。


……………………………………………………………………………………………………
2:臭気調査と臭気測定の受付見合わせのお知らせ
--------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウィルス感染リスク低減のため、2020年3月、4月の
臭気調査及び臭気測定は受付を見合わせております。

調査や測定では、人(パネルや判定士)が直接におい(空気)を嗅ぎます。
関わる人間の安全確保のため、
やむを得ず今回の措置を取らせていただくこととなりました。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

今回ウィルスや菌について取り上げました。
一見においと何の関係もなさそうですが、
消臭対策を行ううえでこういった知識はとても重要なのです。

臭気に関わる仕事をしている人というと、
化学系の勉強をしてきた人ばかりのように思われがちですが
実は文系理系問わず様々な分野出身者がおり
それぞれの知識を生かしつつ、においの世界で活躍されています。

ちなみに私は、大学での専攻は分子生物学でした。
でも何を勉強したか、すっかり忘れてしまいました。。。


それではまた来月!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2020.3.17配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.86  メルマガNo.87  メルマガNo.88

このページのTOPへ