基準臭で嗅覚の検査

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気測定に必要な嗅覚検査

嗅覚検査
嗅覚検査イメージ

臭気測定では人間の鼻(嗅覚)を判定に使うため、嗅覚に異常がない人をパネルとして選ぶ必要があります。また、臭気判定士自身も、現場で臭気を採取するタイミングをはかったり、試験用のにおい袋を調整したりするため嗅覚が正常である必要があります。
そこで、5種類の基準臭を用いて嗅覚が正常であるかどうか検査をします。当社ではこの検査業務も行っております。

申し訳ございませんが開催日以外はお受けできません。下記日程でご都合の悪い方は、別の検査機関までお問い合わせください。

開催日時
  • 開催日:8月29日(火)
  • 開始時間:10:00、10:20、10:40
         11:00、11:20、11:40
アテンション会場は東京本社です

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-15-18 龍生堂大久保ビル3F (地図を見る)
※最寄駅はJR線「新大久保」又は「大久保」

基準臭

嗅覚検査は5種類の基準臭を用いてそのにおいが嗅ぎ分けられるかどうかを調べるもので、5種類全てを嗅ぎ分けた人を正常とみなしています。

種類 においの質 パネル選定基準濃度
β-フェニルエチルアルコール 花(バラ)の匂い 10-4.0
メチルシクロペンテノロン 焦げ(カラメル)臭 10-4.5
イソ吉草酸 腐敗臭、汗臭いにおい 10-5.0
γ-ウンデカラクトン 果実(モモ)の匂い 10-4.5
スカトール 糞臭、口臭 10-5.0

嗅覚異常者は人口の5%程度と言われており、ほとんどの人が合格します。

嗅覚検査に関する書類

嗅覚検査を受検される方は、(社)におい・かおり環境協会が配布している「嗅覚検査受験希望者の書類」が必要です。ご確認ください。

  1. 嗅覚検査のご案内(A3用紙)
    ※嗅覚検査に関する要項・注意事項が記載されております。必ずお読みください。
  2. 嗅覚検査申請書(白・黄・ピンク色A4用紙3枚1組)
  3. 嗅覚検査手数料振込用紙
    ※受検手数料は弊社ではお取扱していません。必ず、事前に所定の振込取扱機関に納付してください。

受検当日にご用意していただくもの

1.受検手数料の振込みを証する書類(振込金受領書原本とその写し)
複数人の受験手数料をまとめて払い込む場合は、その払込を証する書類の写しを受験者分用意してください。
2.嗅覚検査受検申請書(3枚1組)
所定事項に記入、捺印し(1・2枚目の2箇所)、写真(6cm×4cm、申請日前6ヶ月以内に撮影したもの)を貼付する。
3.年齢を証する書類の写し
戸籍謄本又は抄本、住民票、運転免許証、パスポート、健康保険証などのコピー

その他注意事項


嗅覚検査を申し込み

このページのTOPへ