におい対策例 | 廃血液処理槽

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

特殊活性炭デオケムCで廃血液の脱臭

廃血液処理槽

対象臭気

廃血液処理槽の排気

現場状況

通常活性炭を使用した脱臭器(他メーカー)が設置されていましたが、臭気の特性上臭いが取り切れていない状態でした。

対策方法

ステップ1
脱臭剤をデオケムCに変える。

血液はその大部分が水分とタンパク質であり、デオケムCはその腐敗臭にも効果を発揮します。

ステップ2
脱臭剤はカートリッジにいれて使用する。

カートリッジ式にすることで、今後のメンテナンスが楽に行えます。

脱臭器改良イメージ

使用機種

脱臭器は既存の装置を使用。脱臭剤のみ変更。

コスト比較

費用 改良前→改良後の差額(/回・税抜き) 理由など
脱臭剤 +30,000円 使用量はほぼ同じだが、デオケムCの価格が通常活性炭よりやや高いため
メンテナンス -90,000円 カートリッジ式にしたことで大幅にダウン
合計 -60,000円 約3ヶ月毎の交換サイクルのため、年間で24万円のコストダウン

※初期改良費用は別途です。

対策後の様子

特に臭気測定などは行っていませんが、改良後は臭気も低減されメンテナンスも継続中。

このページのTOPへ