厨房排気消臭の導入レポートなどを掲載中

サイトマップ
厨房排気消臭の日本デオドール
消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭は日本デオドールにお任せください

消臭器メンテナンスの七つ道具 ①懐中電灯

七つ道具とは、七種の道具のこと。また一組にして携行する小道具のこと。何かを行う上で必須だと考えられたり好都合だと考えられている一組(ワンセット)の道具群のことである。もともとはもっぱら物質的な道具についてこの表現が用いられていたが、現代では手法、思考法(考え方、発想法)、ソフトウェア等についてもこの表現を用いることがある。(ウィキペディアより)


こんにちは、いきなり『七つ道具』の説明から始まりました、技術室の島田です。先日は長野に行き、そのあとは羽村、東久留米、横浜、伊豆、そして大田原など、西へ東へと動き回っています。


4月のメンテナンス先は、特別養護老人ホームや老人保健施設など、いわゆる『老人ホーム』が多かった印象です。新年度の始まりという事もあり、室内のにおいを改善して気分新たにスタートしようと考える施設が多いのかもしれません。


ふと「この仕事の"七つ道具"ってなんだろう?」と思いまして・・・いくつか思いつくのですが、まずパッと浮かんだのがコチラ。


ずっと使っている懐中電灯
【年季の入った懐中電灯】


懐中電灯。ずっと現場で使っているのでなかなか年季が入っていますが、今使っているものはかなり強めな光を発します。ちょっと正面からだと眩しすぎて直視できないくらいです。


強い光を放つ懐中電灯
【直視にご注意!強い光を放つ懐中電灯】


以前も申し上げたかも知れませんが、当社の消臭器は様々な場所に設置出来ます。そして天井の中のような、いわゆる明かりのないところに設置されていることも多く、そんな場所で懐中電灯は役に立ちます。


よく見えない天井裏
【暗くてよく見えない消臭器】


たとえば天井点検口を開けて明かりがないと、こんな感じで電源のランプがついていることくらいしか分からない状態ですが、懐中電灯一つでバカにならんくらい明るくなり、中も隅々まで見えます。


よく見える天井裏
【懐中電灯で照らした天井内】


明かりがあって視認できるって安心感がありますよね。消臭剤はこちらの機器に収納されており、定期的に新しいものと交換することで消臭効果を持続することにつながります。よって交換作業は重要な業務で間違いがあってはいけませんから、手元がよく見える懐中電灯は必須といえます。


新しい消臭剤に交換した後は、ひときわ老人ホーム内が空気がさわやかになったように感じます。施設の皆様に気持ちよく過ごしていただきたいですね。(老人ホームに設置した消臭器はこちらです。


消臭器のメンテナンスに必要な"七つ道具"。また機会があればご紹介したいと思います。


(島田)

日時:2019年4月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭の日本デオドール取り扱い商品一覧消臭の仕組み厨房排気消臭の導入メリット
かんたん設置方法導入事例お客様の声厨房排気消臭の料金よくある質問日本デオドールの会社概要
消臭に関するお問い合わせプライバシーポリシー悪臭防止法とは消臭アドバイス消臭剤の選び方