厨房排気消臭の導入レポートなどを掲載中

サイトマップ
厨房排気消臭の日本デオドール
    
消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭は日本デオドールにお任せください

コロナ禍で慣れたはずのマスクが危険?!

こんにちは。技術室の島田です。前回のブログでは、"コロナ禍で慣れたおでこ見せ"と題しまして、消臭器のメンテナンス訪問先で習慣となった「検温」についてお伝えしました。今日は、コロナ禍で慣れたと思っていた「マスク」について、もしかしたら危険?!といったお話をしようと思います。


と、その前に、"コロナ禍"と言えば、他にも耳慣れない言葉を沢山聞くようになりましたね。「アベノマスク」、「3密」、「ステイホーム」、「ソーシャルディスタンス」、「ロックダウン」、「テレワーク」・・・今ざっと思いついただけでもこんなに・・・。今後も状況によって色んな新語・造語が生まれてくるのでしょうねぇ。



さて、このコロナ禍で街中ではマスクをつけない人はほぼ見ないほどになりました。例年、花粉症のピーク時期に当たる3月はマスク姿の人も多かったですが、ここまでほぼ全員マスクをしているのは、さすがに初めてのことです。


かく言う私ですが、実はかなりの花粉症持ちでして花粉の季節はマスクが必須。そんな訳で、「マスクをする」ということに関しましてはかなり「慣れている」人だと思っていました。しかし・・・



それは都内のとある現場にて、吸着式脱臭器のメンテナンス作業中のこと。


※吸着式脱臭器とは、高湿度・高濃度の臭いを除去する脱臭装置。特に排水処理施設、除害設備、浄化槽などの設備から排出される下水臭などに効果的な脱臭方式です。


吸着式脱臭器をのぞき込む私
【吸着式脱臭器内部を清掃中】


猛暑が続く中、脱臭装置を清掃中のおじさん(私)。もう汗だくです。


ん?息苦しい??ん?・・・酸素が足りない。(°∇°;)ツー


汗でマスクが顔に張り付いて、大げさに言いますと窒息寸前、軽い頭痛も。そうなのです、夏にマスクをしたことがなかったので今回初めて体験しましたが、マスクの下に大量の汗をかくとどうなるのか?息ができない・・・本当に危険です。


そして、汗をかかなくても「マスク頭痛」なる症状もあるようです。これは、自分の呼気によりマスク内の二酸化炭素濃度が高くなり、酸素ではなく逆に二酸化酸素を体内に取り込んでしまうから。二酸化炭素は頭蓋内血管を拡張させる働きがあるそうで、結果、頭痛の症状が現れてしまうようです。



コロナ禍の今、マスクをつけることはとても大切な事ですが、状況によってはマスクを外すことも重要と痛感いたしました。皆様も暑い中作業をするときは、くれぐれもお気を付けください。



(技術室:島田)

日時:2020年8月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭の日本デオドール取り扱い商品一覧消臭の仕組み厨房排気消臭の導入メリット
かんたん設置方法導入事例お客様の声厨房排気消臭の料金よくある質問日本デオドールの会社概要
消臭に関するお問い合わせプライバシーポリシー悪臭防止法とは消臭アドバイス消臭剤の選び方