中和消臭器の機種選定

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

排気風量と臭気濃度から選びます

中和消臭器の機種選定例

排気対策に使用する中和消臭器は、排気風量と臭気濃度から総臭気排出量(OER)求めて機種選定します。ここでは一般的な選定方法を紹介します。

1.臭気濃度の設定

排気風量と調理内容から、下表を参考に推定臭気濃度を選びます。

調理内容 排気風量
50m³/分以下 50~200m³/分 200m³/分以上
和食一般 400~600 300~500 300~500
洋食一般 600~1200 400~800 400~600
焼き魚 600~1200 400~800 400~600
焼肉 800~1200 600~1000 500~800
イタリア料理 800~1200 600~1000 500~800
カレー料理 800~1200 600~1000 500~800
中華料理 800~1200 600~1000 500~800
ニンニク料理 1000~3000 800~2000 600~1200

例)排気風量100m³/分の中華料理排気の場合、推定臭気濃度は600~1,000となります。

2.総臭気排出量(OER)の計算

排気風量と臭気濃度から総臭気排出量(OER)を計算します。

総臭気排出量(OER)=排気風量(m³/分)×臭気濃度

例)OER=100×(600~1,000)=60,000(Min)~100,000(Max)

3.機種選定

実際の臭気濃度が、推定値より大きくなる可能性もあるため、上記OERの1.5~2倍のOERに対応できる機種を選定します。

例)(60,000~100,000)×(1.5~2)=90,000~200,000
最大値200,000に対応できる機種を選定します。
よって、中和消臭器DC-12ST(最大240,000まで対応可能)を選びます。機種決定

4.消臭剤の種類を決める

消臭剤は臭いの種類によって次のタイプをお勧めします。

ビーズタイプは更にメンテナンスを考慮して

例)OER(Max)が100,000なので、ビーズタイプ100gパックを選びます。

5.消臭剤の必要量を決める

2.のOER(Max)の値を消臭剤1パックが対応するOERで割ってください。
ビーズタイプ100gパックの、厨房排気臭に対する対応OERは20,000となります。

例)OER(Max)÷消臭剤対応OER=100,000÷20,000=5
よって、ビーズタイプ100gパックを5個使用します。消臭剤決定

6.イニシャルコストの試算

中和消臭器には、消臭剤の他にノズルや配管キットが必要となります。今回の中華料理の例で計算すると次のようになります。

例)排気風量100m³/分、臭気濃度600~1,000の中華料理排気の場合

中和消臭器 DC-12ST 1台 ¥435,000
ノズルDCN-60 1本 ¥28,000
ノズルキット 1式 ¥7,000
片落管 1個 ¥10,000
ボリュームダンパー(SUS)  1個 ¥30,000
植物精油消臭剤 PBGK-YB(100) 5袋 @13,000 ¥85,000
試運転調整費 1式 ¥30,000
配送費・経費 1式 ¥30,000
合計(標準価格、消費税含まず) ¥655,000

7.ランニングコストの試算

植物精油消臭剤は、連続運転の場合650時間、間欠運転の場合500時間毎に使用消臭剤の半分量を交換します。

  • 例)使用消臭剤が5袋で、1日8時間運転する場合
  • 交換時期:500時間÷8時間/日=62.5日≒2ヶ月毎
  • ランニングコスト=(¥13,000×5袋)÷2÷2ヶ月=¥16,250/月

交換作業費(消臭剤の入れ替えとフィルターの清掃など)は別途となります。

中和消臭器カタログ

中和消臭器のPDFカタログを見る

中和消臭器のカタログは画像をクリックすると閲覧できます。

現場に応じた見積作成や、特注品の作成も行っています。是非一度ご相談ください。

このページのTOPへ