厨房排気消臭の導入レポートなどを掲載中

サイトマップ
厨房排気消臭の日本デオドール
    
消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭は日本デオドールにお任せください

消臭器の運転に大事な風量調整

こんにちは、細川です。
消臭器のご購入をお考えの会社様や飲食店の方にお見積りを提出する際、「試運転調整費」という項目があります。この項目について、実際にどんなことを行うのか?というご質問をよくいただくので説明したいと思います。


弊社の消臭器は取り付けただけでは性能が発揮できません。設置場所が正しいか、本体の通過風量が適切か、消臭剤が現場の臭気に対して有効かなどを確認する必要があります。


風量調整のイメージ
【風量測定中の筆者】



全てを書くと非常に長くなってしまうので、まずは一つ『通過風量の調整』について詳しくご紹介しようと思います。


消臭器の中には消臭剤(ビーズやメンブレンタイプ)を収納して使用します。ビーズやメンブレンに封入されている消臭剤は液体ですが、空気に触れるとそこから徐々に揮発し気体の消臭剤となって発散する仕組みです。


ビーズタイプの消臭剤(不織布入り)
【ビーズタイプの収納例】


ですので、消臭器に消臭剤をただ入れただけでは理想的な消臭効果は発揮しません。本体の中に適量の空気を通すことで、消臭剤の揮発量を調整し最適な消臭効果が得られるのです。仮に風量が多くなると過度に消臭剤が発散して、元の臭いよりも消臭剤のにおいを強く感じてしまいますし、消臭剤の消費が無駄に激しくなりランニングコストが高くなってしまう可能性もあります。


実際には、1枚目の写真のように風速計を用いて消臭器内に入る風速を測定し、風量換算しています。


消臭器を設置すれば一安心ではなく、末永く効果を維持させるために風量測定は非常に大事な試運転事項になります。その点をご理解いただいた上で、設置後のアフターフォローも是非弊社にお任せいただければと思います。



(細川)

日時:2020年5月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭の日本デオドール取り扱い商品一覧消臭の仕組み厨房排気消臭の導入メリット
かんたん設置方法導入事例お客様の声厨房排気消臭の料金よくある質問日本デオドールの会社概要
消臭に関するお問い合わせプライバシーポリシー悪臭防止法とは消臭アドバイス消臭剤の選び方