厨房排気消臭を焼き鳥店やスーパーに導入した場合の料金

サイトマップ
厨房排気消臭の日本デオドール
消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭は日本デオドールにお任せください

厨房排気消臭の料金例

どんな現場でも柔軟に対応できるスタッフと、
豊富な機種ラインナップを揃えた
日本デオドールの厨房排気消臭器は、
全国の飲食店で好評をいただいています!

このページでは、実際に消臭器を導入された
お客様のケースを例に料金例をご紹介しています。

※なお、金額はいずれも定価、工事費・試運転調整費は含まず、初回の消臭剤は込みとなっております。

焼鳥店の場合
厨房排気消臭器DC-4SⅡ

焼き鳥店をはじめ、
日本全国の様々な飲食店に導入いただいている「DC-4SⅡ」は
ダクトに直接設置することができ、素早くにおいに対応できます。

最近では焼き鳥店のにおいに対しての判例も出ています。
早めの対策が重要といえます。


お料理が違えばにおいの質も違います。
私たちはお客様の現場にあわせて、それぞれ違った消臭対策をご提案しています!

設置機種 イニシャルコスト 排気風量 臭気濃度 OER 消臭剤の種類
DC-4SⅡ 約350,000円 50m3/分 約1000 50,000 SM
スーパーの場合
DC-12SO(屋外設置型)

総菜コーナーの調理臭対策として導入いただきました。
消臭器の設置場所が屋外のため、雨避けを施した機種を設置。

このように、現場に合わせて様々な機種で柔軟に対応が可能です。


設置機種 イニシャルコスト 排気風量 臭気濃度 OER 消臭剤の種類
DC-12SO(屋外設置型) 約670,000円 60m3/分 約2000 120,000 YB
給食センターの場合
VFD-1070TM

同じ敷地内にある小学校からにおいの苦情があるということで
ご相談いただき、中和消臭器を導入いただきました。

小学校側にある給食センターの給気口からにおいが漏れていたので、
給気ファンを見直し、その後排気に消臭器を設置いたしました。

現在は苦情もなくなり、
子供たちも元気に勉強と運動に励んでいるそうです。


設置機種 イニシャルコスト 排気風量 臭気濃度 OER 消臭剤の種類
VFD-1070TM 約1,580,000円 370m3/分 約1000 370,000 YB
うどん店の場合
DMD-02T

うどんのトッピングとなる揚げ物の臭い対策として、
導入いただきました。

計算上、本来ならばもっと大型の機種が必要となりますが、
天井裏に設置しなければならないため、スペースが限られていました。

そこで、高濃度臭気用コンパクトタイプのDMDシリーズを採用。
日本デオドールの経験と知識が生きた実例です。

※DMDとは他のシリーズと違い、
高濃度の液体消臭剤を気化させて消臭するタイプです。

設置機種 イニシャルコスト 排気風量 臭気濃度 OER 消臭剤の種類
DMD-02T 約200,000円 60m3/分 約1600~2500 96,000~150,000 YB ※ボトルタイプ
消臭器選定のめやす

機種選定は、現場ごとに必要な総臭気排出量(OER)の値を求め、
そのOERに対応できる機種を、設置方法も考慮しながら選びます。
計算式は以下の通りです。

排気風量(m3/分)× 臭気濃度 = 総臭気排出量(OER)

飲食店の厨房排気にピッタリのDCシリーズですと、~240,000
給食センターなど大規模施設におススメのVFDシリーズですと、400,000~2,000,000
設置スペースが無い場合に使用するDMDシリーズですと、200,000~600,000
換気扇に直接設置するVKシリーズですと、~40,000のOERに対応できます。

OER対応表

どの機種を選んでいいかわからない!
難しい計算は苦手!
そんな時は迷わず私たちにご相談ください。
礼儀正しいスタッフがていねいにご説明・ご案内いたします。

消臭の老舗として培ってきた経験と知識で
最適な消臭対策をご提案させていただきます。

消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭の日本デオドール取り扱い商品一覧消臭の仕組み厨房排気消臭の導入メリット
かんたん設置方法導入事例 | お客様の声厨房排気消臭の料金よくある質問日本デオドールの会社概要
消臭に関するお問い合わせプライバシーポリシー悪臭防止法とは消臭アドバイス消臭剤の選び方