香りのブログ

ローズオットー

アロマテラピー検定で出題される精油の種類を紹介しています。 第30回目は「ローズオットー」でアロマテラピー検定1級に出題される20種類のうちひとつです。

【ローズオットー(Rose otto)】

学名 : Rosa damascena
おもな成分  : シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコール、ネオール酢酸ゲラニル、ダマスコン
科名  : バラ科
抽出部位  : 花
抽出方法  : 水蒸気蒸留法

 rose2.jpg

心に対する働き  :
心を明るくさせて、自分を肯定する気持ちにさせてくれます。 ストレスや緊張をやわらげ、マイナスの感情を解してくれます。

体に対する働き  :
更年期障害や月経前の不快な症状や月経痛をやわらげます。 胃腸炎や胃潰瘍などの消化器系のトラブルにも有用です。 また、乾燥肌や敏感肌、老化肌に有用です。

  

ローズオットーは、美しく高級感に満ち溢れたエレガントな香りがし、古くから女性を魅了し続けてきた香りのひとつです。

ローズオットーの原料となるダマスクローズは、ほとんどがブルガリアとトルコで生産されていますが、 百年の栽培の歴史を持つブルガリア産のローズオットーが最高品質のものとして有名です。 ダマスクローズは、トゲのある落葉少低木で高さ2mほどに育ち、美しいお馴染みの花を5月から6月にかけて咲かせます。

1kgの精油を水蒸気蒸留で抽出するのに、約5000kgものバラの花が必要とされています。1滴を得るのに 約50~70本の花が必要という計算になり、とても高価な精油として知られています。

バラの花から水蒸気蒸留により抽出する方法は、10世紀のペルシアの医師で偉大な科学者でもあった、 イブン・シーナが錬金術の実験をしている過程で偶然発見したと考えられています。実際にはより以前から原始的な 水蒸気蒸留が行われていたようですが、イブン・シーナによって水蒸気蒸留の方法が確立され、当時のアラビア世界に 広まった後、ヨーロッパへも伝わって盛んに行われるようになったのは確かなことと言えます。 中世のヨーロッパでは、ローズオットーは、貴族の間で愛用されていました。

100%のローズオットーは気温が10度以下になる固形化します。また、この精油は劣化しにくく長期間品質が安定しています。

ローズオットーは水蒸気蒸留法でローズの花より抽出されます。一方、溶剤抽出法で得られるものをローズ・アブソリュート と呼びます。ローズオットーはほぼ無色透明ですが、ローズ・アブソリュートは美しく透き通るような赤色をしています。

 

<ローズオットーの精油のポイント>

・科名 → バラ科
・抽出部位 → 花 
・抽出方法  → 水蒸気蒸留法
・低温で固まる性質があります
・原料になるバラはダマスクローズ

※アロマテラピー検定1級で出題される精油の種類は20種です。 これに2級で出題される10種を加え、計30種が検定の対象です。

(業務部 松村)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加