香りのブログ(においのこと)

においを残さない!おねしょの後始末

小さなお子様がいらっしゃるご家庭は何度か経験したことがあると思いますが、冬場に多くなる子どものおねしょ、困りますよね~。朝目覚めた瞬間に親子共々憂鬱な気分に落ち込みます(笑)


子どものおねしょイメージ
【おねしょをしてしまった子ども】


冬は汗をかく量が少なくなったり、体が冷えてしまったり、寒い夜中にトイレに行きたくないという感情とか色々な要素が組み合わさっておねしょをしてしまうそうです。

防水シーツを敷いていても寝相が悪かったりするとシーツからはみ出て布団が濡れてしまいます。後処理を怠ると布団ににおいが残ってしまいますので、見つけたらすぐに対処したいですね。今日は特に『においを残さない』おねしょの後始末をご紹介いたします。

①においの原因となるおしっこを取り去る
まずは乾いたタオルで押さえるようにして、おしっこをなるべく吸収します。吸収させる物として、乾いたおむつ、新聞紙、ティッシュペーパー、キッチンペーパー等が良いとの話も聞きますが、私の経験では乾いたタオルが一番吸い取り具合が良いと思います。

②部分洗い or クエン酸水を吹きかける
洗える布団の場合はぬるめのお湯で洗い流します。
洗えない場合はクエン酸水(クエン酸小さじ1杯+水200ml)をスプレーで吹きかけ、乾いたタオルでふき取る、を2~3回繰り返します。
おしっこの成分であるアンモニア(アルカリ性)が、クエン酸(酸性)と反応してにおいが中和されます。

③濡れた部分を乾かす
天日干しが一番良いですが、難しい時はドライヤーや扇風機等を使って乾かします。

以上の工程でほとんどにおいはなくなります。

④最後にアロマスプレーを一吹き
それでも部屋におしっこのにおいが残っていると感じるときは、アロマスプレーを一吹きすれば完璧です。自分が心地よいと思える香り、爽やかに感じる香りであれば何でも良いですが、私は清潔感があり気分も落ち着くペパーミントとラベンダーをミックスしたスプレーを使っています。

アロマスプレーのイメージ
【爽やかなアロマスプレー】

*アロマスプレーの作り方*
無水エタノール10mlにアロマオイルを10滴入れてよく混ぜ、精製水40mlを加えまたよく混ぜてスプレーボトルに入れると完成です。


においを残さないのは子どものためでもあるんですよ。おねしょをしてしまった羞恥心や罪悪感は小さな子にもあるので、嫌な感情を引きずらない為にもにおいを除去するのは重要なのかなと思います。


(奈良岡)

においを残さない!おねしょの後始末 のページへ移動する

マスクのニオイにはユーカリの「消臭ビーズ」


夏もマスクが手放せない!
こんな事態になろうとは、昨年は想像もつきませんでしたね。毎年恒例のジメジメとした暑さですが、今年はマスクを着けている事でより厳しい季節を実感している大久保です。

冬や春先はあまり気にならなかったのですが、何だか最近はマスクを付けるとニオイが気になってしまいます。マスク自体のニオイなのか、湿気のせいで臭うのか、それとも口が臭いのか・・・。なにか改善する方法はないか探したところ、身近なところに答えはありました!


メールマガジンのイメージ
【メールマガジンのバックナンバー】


これは、弊社にお問合せくださった方やお取引のあるお客様に配信しているメールマガジンなのですが、社員にも届くので仕事の合間に息抜きがてら読んでいます。今年の5月号にピッタリの話題が挙げられていました!


デオドールメールマガジン【第89号】
「マスクのにおいが気になる!おすすめ対処法は?」


メルマガ89号では精油を使った対処法が紹介されていますが、自社商品を使ったおまけの方法を試してみました。「消臭ビーズ」とマスクを一緒に入れて香りをつけるやり方です。香りはメルマガですすめていた「ユーカリ」にしました。

顔につける物なので、マスクが直接ビーズや不織布に触れないようティッシュにくるみ、


マスクとビーズ


10gビーズのアルミを開けてジップ付きビニール袋の中に一緒に入れる事1日。


香りを付けるマスク



使ってみたところ、付けた瞬間にスーッとしたユーカリの香りが広がってマスクの気になるニオイが吹っ飛びました!しばらくするとビーズの香りは慣れて感じなくなりましたが、少しマスクを外した後、再び装着するとマスクに香りが残っているのが分かります。

香りは1日付着させたものは少し強すぎるかもしれません。数時間~半日くらいにしておくと丁度いいと思いました。

スーッとした香りなので酸欠でボーっとしがちな頭もシャッキリしますし、マスクのニオイが気になる人には、マスクにユーカリの消臭ビーズ(香りビーズ)是非オススメです。


(大久保)


※消臭ビーズ(香りビーズ)は、楽天ショップからお求めいただけます。

マスクのニオイにはユーカリの「消臭ビーズ」 のページへ移動する

匂いは第一印象を基準に

こんにちは!
紅葉が深まり街路樹のイチョウもきれいな黄金色に染まりました。夜道を歩いていると店舗のライトに照らされてかなりきれいなコントラスト。落ち葉から漂う枯葉の甘い匂いに癒されます。


夜の銀杏
【ライトアップされた夜のイチョウ】


さて、鼻には段々とにおいに慣れていく『順応』という特徴があります。よそのお宅の玄関は何か匂うのに、自宅の玄関は匂わないという経験は皆さんよくあると思います。臭くないから我が家の玄関は清潔なんだわ!と思うかもしれませんが、実は鼻が慣れているだけという可能性も・・・。長期旅行後など久しぶりに戻ってきたときに、おや?と思うのであれば普段は鼻が順応しているのかもしれません。


玄関の匂いイメージ
【玄関の匂い大丈夫?】


香水や柔軟剤、ルームフレグランスなどの香り製品も同じです。いつも使い続けているといつの間にか鼻が順応しています。すると、香りが物足りなくなり、気づかぬうちに使用量が増えていることもあります。他人から見れば益々匂っているにもかかわらず・・・

私は学生時代に毎日同じ香水をつけていた時期があるのですが、その頃の友人に久しぶりに会ったとき、『そーいえば、小林さんはいつも香水付けていたよね~』と言われハッとしたことがあります。自分では、かなり微香に調整していたつもりが、そんなにはっきりと印象に残っていたとは! 知らず知らずのうちに使用量が増えていたのでしょう。きっと付け過ぎです。(反省)


香りやにおいが苦情になるとしたら、この感覚の差が原因なのではないでしょうか。自分では良い香り(あるいは無臭)と思っても、実はだいぶ強いにおいを放っていたとしたら、ちょっと怖いですね。


そんなこともあり、今では洗剤や柔軟剤、シャンプーなどを変えたら、最初に嗅いだ時の第一印象を意識的に覚えるようにしています。中には、『うわっ、ちょっとにおいが重くて気持ち悪い!』『尖った香りだな!』など、否定的な感想を持つこともあります。

でも、捨てるのがもったいなくてそのまま使い続けることもあるのですが、そのうち嫌なにおいと思わなくなったり、香りを感じなくなってきます。ここで、匂いがあまりしないからもう少しと使用量を増やすことは絶対にしません。私の鼻が順応してしまっただけで、きっと周りには十分香っているのですから。


匂いの好みは人それぞれなので難しい所ですが、客観的な視点をもって付けすぎに注意したいですね。


(ホームページ担当 小林)

匂いは第一印象を基準に のページへ移動する

においも違う!子供と一緒に手作り味噌

こんにちは。
発酵食品である味噌は手作りするものと市販のものとを比較すると味も栄養価もかなり違うと聞き、去年から味噌を手作りしています。今年はちょっと遅めの3月上旬にご近所さんと一緒に仕込みました。

必要な材料は大豆と麹と塩のみ。前日に大豆を水に浸し、翌日大豆を指で潰せるくらいの柔らかさに煮て、厚めのビニール袋に入れます。二人の子どもに足で踏み踏みして大豆をつぶす作業をしてもらいました。少しすると飽きてきたようなので、音楽を流して大豆の上で踊ってもらったりもしました(笑)


味噌作り1


部屋いっぱいに大豆の香りが広がります。まさに朝、豆腐屋の前を通る時のにおいと一緒です。豆を潰すのは子供たちに任せ、その間に麹と塩を混ぜておきます。

大豆がしっかり潰れたら、麹と塩を混ぜてまるめて味噌玉をつくり、容器に入れていきます。空気を抜くようにびっしり詰めます。あとは重りを乗せて、秋頃まで冷暗所で寝かしておきます。


味噌作り2



そして月日が経ち・・・今年も夏を越え、味噌が出来上がりました!

猛暑の影響もあり、夏の終わり頃には発酵している納豆の様なにおいが強く、腐ってしまったのではないかと心配になりました。去年の味噌は親戚や友達に配り好評化でしたが今年はどうなるか・・・ドキドキしながら蓋を開けてみました。


手作り味噌


しっかりと出来上がってました。手前味噌ですが味もまろやかでおいしいです。市販のものと比べると、やはり味噌のにおいも強めです。これからこの味噌を使って料理をするのが楽しみです♪


(奈良岡)

においも違う!子供と一緒に手作り味噌 のページへ移動する

思春期のデオドラント事情

こんにちは!
今年初めて蝉の声を聞きました。令和初です。蝉が鳴き始めたら夏本番ですね。あの熱い夏がやってくるのかと思うと憂鬱ですが、少しずつ暑さに慣れていきたいと思います。


さて、4月から高校生になった我が娘、特にジャニーズにハマる訳でもなくポケモンが好きな中性的女子ですが、少しはお年頃になったのでしょうか、最近はデオドラントグッズに気を使うようになりました。


デオドラントグッズ
【デオドラントグッズのイメージ】


彼女の場合、

①運動部に入ったので汗臭さが気になる
②小さなころから母親(私)に『におい』のことをあれこれ吹き込まれた

という事情もあり、他の子より『におい』を気にする要素があるようです。とはいえ、『精油を使って自分で消臭スプレーを手作りする』といった上級テクニックは持っていませんので、コンビニやドラッグストアで目についたデオドラントグッズを買ってきては、せっせと体や制服に吹きかける毎日です。


その臭いこと・・・


どれも消臭剤ですから良い香りのはずが、使い方を間違っているのでしょうね。明らかに使用量多いし、よく確かめないで成人男性用の香料強め商品を買ってくるし、また、それらを同時に使うし・・・香害の加害者になりかねません。

娘の選択を尊重し黙っていようと思いましたが、この梅雨の季節、私の嗅覚も敏感に反応します。もう我慢なりません。


という訳で、私が代わりにデオドラント用品を見繕ってきました。種類の豊富なお店に行き、きっちり香りの見本も嗅いでみます。やっぱり無香タイプよね~ということで、その中からパッケージもかわいいものを選びました。(お友達との貸し借りもあるでしょうから。)


娘が帰宅し机の上に置かれた商品を手にすると、ひとこと

『お母さん、ありがとう。』

彼女も自分が買ったデオドラント用品には自信がなかったのでしょう。買ってよかったです。(早速、使ってました。)これで娘も私もハッピー!


汗をかく季節となりますが、デオドラント用品を選ぶときはやっぱり香りを確認してからが良いですよ。そして、付けすぎにはくれぐれもご注意を!


(ホームページ担当 小林)

思春期のデオドラント事情 のページへ移動する

お問い合わせはこちら
1  2  3