香りのブログ

食育と香育を意識して子育て

こんにちは。
子育て奮闘中のアロマテラピーアドバイザー奈良岡です。

我が子は食べることが大好きで、離乳食もほとんど残しませんが、
今までに1つだけ嫌がって食べなかったものがあります。
それは、納豆です!

納豆


2度湯通ししてネバネバとくさみを取り除いておかゆに入れたのですが、
どうも嫌な様子でした。
まだこの独特のにおいが受け入れられないのでしょうね~。
まだ早かったのかもしれないですね。
しばらくしてから再挑戦してみます。


さて、農林水産省では毎年6月を食育月間としてイベント等実施しています。
ウィキペディアによると、食育とは様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることだそうです。
私も離乳食を通して食育をしていることになりますよね。


食育と言う言葉は一般的に(子育て世代には特に)浸透していますが、
皆さんは『香育(こういく)』という言葉はご存じですか?

香育は日本アロマ環境協会が展開に力を入れています。
自然の香りを通じて豊かな感性や柔軟な発想力を育むとともに、
人と植物の関わりや自然環境の大切さを伝えるという趣旨のものです。


私も子供の五感を伸ばしたいと思うので、香育には力を入れていきたいと思います。
まずは散歩中にお花や木のにおいを嗅がせたり、
食事をする際に「今日はこれを料理したんだよ~」と言って
食材のにおいを嗅がせることから始めたいです。


AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
奈良岡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加