香りのブログ(2017年2月)

デオドールの庭 魚拓ならぬ鳥拓?

1月の下旬、いつものように出社するとガラス窓に鳥跡が残っていました。
写真では見えづらいと思いますが、くっきりと鳥の形です。
大きさ的にはヒヨドリと思われます。

tori06.jpg

tori07.jpg


間近でよーく観察すると、羽毛による模様までハッキリ見えます。
カラスまたは仲間に追い立てられてガラスに思いっきりぶつかったんでしょうか?

前日の帰る時までは無かったので、朝出社して発見するまでの間に事故が起きたようです。
相当な衝撃だった気がしますが、この窓についた鳥形以外に血痕もありませんし、
羽も飛び散っていませんでした。

何が起きたのか気になるところです。


松村

デオドールの庭 魚拓ならぬ鳥拓? のページへ移動する

デオドールの庭 無事に咲きました

緋寒桜が今年はちゃんと咲きました。


niwa-07.jpg


昨年は4つか5つしか開花しなかったので、やはりヒヨドリに
蕾を食べられていたようです。
ということは、これから毎年ハチミツを切らしてはダメなのか・・・


niwa-08.jpg


niwa-09.jpg


緋寒桜(ヒカンザクラ)は、バラ目バラ科サクラ属の早咲きの桜で、
1月から3月頃にうつむき気味に咲く緋色の桜です。 

別名:カンヒザクラ(寒緋桜)、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言われます。
似た語感の「彼岸桜(ヒガンザクラ)」とは別種です。ちなみに、デオドールの庭には小彼岸桜もあります。
 
まだ寒い早春、梅とほぼ同時期に葉より先に緋色または濃桃色の小花を咲かせます。
花弁は開ききらずにうつむき加減に咲くのが特徴です。 花弁ばかりでなくガクの部分も緋色です。

たまにメジロが花の間を飛び回っていて、なかなか心が和む眺めです。


松村

デオドールの庭 無事に咲きました のページへ移動する

アロマトリートメントでストレス解消!

こんにちは。
暖かい日や風の強い日が段々と増えてきて、花粉の飛散量も多くなりましたね。春が近づいてきたことは嬉しいのですが、花粉症なので鼻水とマスクが煩わしく感じ、若干ストレス気味の奈良岡です。

ところで、皆さんのストレス解消法は何ですか?

私は甘いものを美味しいコーヒーと一緒に食べたり、子供と遊んで癒されています。また最近はご無沙汰になってますが、独身時代にはアロマトリートメントもよく利用していました。アロマオイルを使ったマッサージと言った方が伝わりやすいでしょうか。

(厳密にいうとマッサージはあん摩、針灸、指圧の資格を持った人が施術するもので、資格がない人が施すものはトリートメントと表現しなくてはならないと決められています。またマッサージは直接手で体を触ることから、手を当てる→手当てという意味もあり治療の一環になるようです。)


エステ
【アロマトリートメントのイメージ】


そもそもアロマテラピーの定義は芳香療法(アロマ=芳香、テラピー=療法)で、自然治癒力を高め健康を増進するという目的があり、フランスでは医療現場で使用されています。

アロマトリートメントは良い香りに包まれながら体と心がほぐされて、施術後はコリや精神的な疲れが取れて癒されます。女性の為というイメージが強いですが、男性向けのお店もありますよ。

ちょっと疲れているなーとか、ストレスたまってるなーと感じている方は試してみてはいかがでしょう?体も心もきっとぽかぽかになりますよ!


(奈良岡)

アロマトリートメントでストレス解消! のページへ移動する

デオドールの庭 敗北宣言

負けました。
前回、ヒヨドリ対策にしばらくの間ハチミツの提供を止めると
書きましたが、たった一日で挫折です。

というのも、ヒヨドリはハチミツがないと葉っぱをちぎって
食べてしまうのです。


tori01.jpg


tori02.jpg


さらに、緋寒桜の蕾まで遠慮なく食べる始末・・・


tori03.jpg


ヒヨドリにこれ以上蕾を食べられないように、ちゃんと緋寒桜が咲くように
ハチミツの提供を続行することにしました。
なんとなく悔しいですが仕方ありません・・・


tori04.jpg


tori05.jpg


そういえば、下の庭にある梅の蕾や花は食べられてないですね。
あんなにいい香りなのですが、鳥的には美味しくないのでしょうか?

松村

デオドールの庭 敗北宣言 のページへ移動する

デオドールの庭 メダカの記録 200日目

寒くなってきたので、水槽の掃除は2ヶ月に1回のペースにしました。
なるべく天気の良い暖かい日に行います。

medaka-138.jpg


先日4匹いた孫稚魚の内、一番小さい個体が亡くなってしまいました。
これを機に、掃除したあと3匹残った孫稚魚を水槽へ移しました。
合流しても特に問題なく一緒に泳いでいます。

medaka-139.jpg


その後、様子を見ていると3匹の成長が早くなった気がします。
エサもベビー用からワンランクアップしたので、そのせいかも知れません。
このまま春の放流まで大きく育って欲しいです。

medaka-140.jpg

松村

デオドールの庭 メダカの記録 200日目 のページへ移動する

自然の力で花粉症対策

こんにちは。
東京は冬の晴天、乾燥して寒い日が続いてますね。
朝晩、段々と日が延びてきて春は近づいてきているのかなと感じます。

春と言えば、、、あの嫌なものも飛んできているようです。・・・スギ花粉です。ピークは2月から4月だそうで3か月間もあります。長いですね~。

私は花粉症なのでこの期間はつらく感じます。薬を使わずなるべく自然の力を借りた対策ができればと思い、アロマオイルの活用方法についてまとめてみました。


花粉症のイメージ
【花粉症のイメージ】


花粉症による鼻水や咳の不調に有効と考えられるアロマオイルは、ユーカリ、ティートリー、ペパーミント等です。これらのうち1種類または数種類をブレンドして室内で焚くのも良いと思いますがスプレーも便利ですよ。気になる時に室内にシュッシュと噴けますし、持ち歩きもできるので手軽です。またマスクに少量噴いておくと、呼吸がしやすくなり気分もスッキリします。


スプレーのレシピ↓↓↓

<材料>

  • 精製水      45ml
  • 無水エタノール   5ml
  • アロマオイル  5~10滴
    (ユーカリ2滴、ティートリー2滴、ペパーミント1滴がおすすめです。)

<作り方>

1.スプレーのボトルにアロマオイルと無水エタノールを入れてよ~く振ります。
2.精製水をその中に入れてよ~く振ります。

できあがり!!

マスク用としてスプレーを作るのであれば、濃度は薄く作ってください。アロマオイルが直接肌につかないよう、スプレー後にガーゼを1枚引いた方が良いと思います。


その他花粉症対策について調べ、私がいいなと思ったことを下記に載せます。

●食生活を整える
ヨーグルトを毎日取るようにし腸内環境を整えて、様々な食材の栄養が吸収しやすくなるよう体の土台作りをしたいですね。青魚やしょうが、大根、ごま等々が花粉症に良いとされる食材です。

●ハーブティーを活用。
ハーブティーや緑茶等、花粉症に良いとされるお茶があります。エキナセア、ネトル、ルイボス、エルダーフラワー等。免疫力を強めて花粉症に効くそうです。ハーブティーは香りも楽しめますしね。

●睡眠時間の確保
アレルギー症状を発生させる原因物質ヒスタミンの分泌を押さえれば、症状を緩和することができます。寝不足はヒスタミンが出やすくなるので、質の良い眠りの環境を作りたいですね。リラックスできるよう、ネロリ等のアロマを寝室に漂わせようと思います。

今年は症状が軽く済むといいなと思います。


奈良岡

自然の力で花粉症対策 のページへ移動する