香りのブログ

デオドールの庭 無事に咲きました

緋寒桜が今年はちゃんと咲きました。


niwa-07.jpg


昨年は4つか5つしか開花しなかったので、やはりヒヨドリに
蕾を食べられていたようです。
ということは、これから毎年ハチミツを切らしてはダメなのか・・・


niwa-08.jpg


niwa-09.jpg


緋寒桜(ヒカンザクラ)は、バラ目バラ科サクラ属の早咲きの桜で、
1月から3月頃にうつむき気味に咲く緋色の桜です。 

別名:カンヒザクラ(寒緋桜)、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言われます。
似た語感の「彼岸桜(ヒガンザクラ)」とは別種です。ちなみに、デオドールの庭には小彼岸桜もあります。
 
まだ寒い早春、梅とほぼ同時期に葉より先に緋色または濃桃色の小花を咲かせます。
花弁は開ききらずにうつむき加減に咲くのが特徴です。 花弁ばかりでなくガクの部分も緋色です。

たまにメジロが花の間を飛び回っていて、なかなか心が和む眺めです。


松村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加