香りのブログ(かおりのこと)

ナンキンハゼの香り

公園の脇を歩いていると、フローラルな香りをふと感じ足を止めました。
香りの強い花が近くに咲いているに違いない。
来た道をゆっくり引き返しながら、お目当ての花はどこにあるのか探します。

足元にこれといった植物はなく、街路樹だけが並んでいます。
でも、確かにここを通った時匂ったんだけど...

見つけました。「これか~?」
頭上を見上げるとそこに「花」らしきものを付けた、美しい緑の新緑が広がっています。
もう一度引き返して深呼吸、よし!確認できた。
やっぱりこれだ~


ナンキンハゼの花香りの正体は「ナンキンハゼ」

少しハート型を思わせるかわいらしい葉が、そよそよと風に揺れていました。その間から、毛虫のようなもこもことした花がたくさん覗いています。ナンキンハゼの花は、雌雄同株の雌雄異花だそうです。

樹に近づくと、熟した果実を思わせる少し酸味のある香りも感じました。この香りは虫たちを呼ぶためなんでしょう。ミツバチやアシナガバチが、せっせと花の間を飛び回っていましたよ。


ナンキンハゼは中国原産の落葉高木で、かつては種子からロウを採取するために栽培されていましたが、今では公園や街路樹として利用されることが多いようです。
紅葉がきれいで、赤や黄色、紫などの鮮やかな色に変身します。秋には実がなり、果皮が割れると中から白いロウに包まれた種子が出てきます。

この花の香りを嗅げるのは、今の季節だけ。
皆さんも探してみてくださいね~

(小林)

ナンキンハゼの香り のページへ移動する

幸せを運ぶ花 クチナシ

こんにちは!
少し前まで街中を歩くとジャスミンの良い香りが漂いましたが
ここ最近はクチナシの香りがふわ~っと漂ってきます。
花言葉は「喜びを運ぶ、幸福」
雨が続いてちょっと沈みがちな季節に、あの甘い香りは心地よい気分転換になりますね。

クチナシの花クチナシの花はキレイな白色ですが、乾燥させた果実は古くから黄色の着色に用いられたようです。大分県の郷土料理の「黄飯」もクチナシで色づけされているそうです。

また果実は「山梔子」とも呼ばれ漢方としても使用されています。嗅いでよし、使ってよし、花言葉通り幸せを運ぶ植物ですね。

そんなクチナシのあの独特の甘い香りには「ラクトン」「インドール」などの成分が入っています。甘い香りが「ラクトン」、ジャスミンにも似ている花の香りが「インドール」。

ラクトンには色々な種類があり、花の香りがするものもあれば桃のような香りのするもの、ウイスキーの香りがするものまであります。そしてインドールはふんわり嗅ぐとお花の良い香りですが・・・
高濃度で嗅ぐとなんといわゆる「大」の香りになります。

良い香りと悪臭は実は紙一重なのかもしれませんね。。。

(担当:大嶋)

幸せを運ぶ花 クチナシ のページへ移動する

アジサイの香り

気がつけば6月
1年の半分が終わろうとしています。
時が経つのは早いですね~ confident

ヤマアジサイさて6月といえばアジサイの季節!私の家の近所でも「アジサイ祭」が開催されています。

アジサイの花(正確にはガクですが)はとてもキレイですが、残念ながらバラのような良い香りはしないですよね。

あの見た目でもし良い香りまでしたら、きっと今以上に人気が出るだろうに。

どんな香りが似合うかな~。雨の季節だから爽やかでスッとした香りがいいかな~。なんて考えながら毎日眺めています。

ところが花ではありませんが、葉のほうはお香に使われることがあるようです。

ヤマアジサイの変種の「アマチャ」の葉を乾燥させてお香に練り込んだ「甘茶香」というもので、お清めなどにも使われるそうです。お釈迦様の誕生日に飲む「甘茶」もこの葉から作られるそうで、葉を発酵させることで甘くなるとのこと。

アジサイというと毒があるイメージが強かったのですが、こんな使われ方もあるのですね。

お久しぶりの只今育休中 大嶋 がお届けしました。 happy01

アジサイの香り のページへ移動する

キウイの花

こんにちは!サイト担当の小林です。

先日、珍しい黄色いキウイの花を見つけました。

キウイの花

近所の公園にキウイ棚が設けられてあって、素敵な日よけになっています。
毎年秋になるとたわわに実をつけるのですが、花に気付いたのは今年が初めて。

子供と公園へ遊びに行った時、とっても甘くて素敵な香りがしたのです。
思わず足を止め周りを見渡しましたが、足元を探しても花がありません。
しばらくして頭上に咲いていることに気づき、ハッとしました。

キウイの花だ~ ヾ(=^▽^=)ノ

バラの花のような香りの中に、フルーツを思わせる少し青臭いにおい。
こんなに香っているのに、なぜ今まで気づかなかったんだろう?
今年は意識して花の香りを探し歩いているせいかもしれない。

雄花か雌花か遠目には分かりませんでしたが、
花の数を見ると今年も豊作な予感です☆

キウイの花 のページへ移動する

座れば牡丹

牡丹の花先日、散歩中に大輪の花を咲かせた牡丹に遭遇。
住宅の玄関先に鉢植えで置いてありました。

怪しい人と思われないよう、
人目を気にしながら花のにおいを嗅ぎます。

「香る~」

さすが「花の王」と呼ばれるだけあって、
今まで嗅いだ花の中で香りも一番濃厚。
しかし、この香りは好みが分かれると思います。
(私もどちらかというと苦手...)
鼻を近づけすぎるからいけないんですけど。

牡丹は中国原産で、元は薬用として利用していました。
今でも、根の樹皮部分は「牡丹皮(ぼたんぴ)」として漢方薬の原料になっています。
花言葉は、「壮麗」「高貴」「富貴」など...威風堂々とした様にぴったりですね。

以前、このブログでも紹介しましたが、
「かおり風景100選」に、福島県の【 須賀川牡丹園の牡丹焚火 】が選ばれています。
こちらは、ボタンの枯木を供養するために行う「牡丹焚火」が香りの源ですが、
この園の牡丹が現在見ごろのようです。

敷地いっぱいに広がる牡丹からは、どんな香りがするのでしょう?

(担当:小林)

座れば牡丹 のページへ移動する

お問い合わせはこちら
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11