香りのブログ(日々のこと)

まさに"新"大久保駅!!

こんにちは、今日もお仕事頑張ってます!日本デオドールの大久保です。
私が勤めているデオドール本社は新宿区百人町にあるのですが、電車では新宿駅の隣にある総武線の大久保駅か、山手線の新大久保駅が最寄りになります。

2月半ばに新大久保駅を利用したところ、新しくなっていてびっくり!ここ数年は駅のリニューアル工事をしていて手狭な駅がさらに狭くなっていたのですが、改札機の数が増え改札口付近がきれいになっていました。

囲いが出来た頃に撮った写真があったので、新旧の駅を比べてみました。


旧・新大久保駅
【新大久保駅 before】


新・新大久保駅
【新大久保駅 after】


空が見えない分、新しい駅の写真は窮屈になりましたね(笑)

改札口は囲いが取れた分広くなったのでラッシュ時でも前ほど詰まってはいないのですが、地面の段差がボコボコなままなのでまだ完全に出来上がった訳ではないようです。

駅の上がビルのようにもなっていますし、完成したらどうなるのか楽しみですね!


※デオドール本社は、新大久保駅を出たら左方向にあります。駅から本社入口までの行き方は、過去ブログ「日本デオドールへ行こう!」をご覧ください。


(大久保)

まさに"新"大久保駅!! のページへ移動する

新しい眼鏡と共に。1年の始まり!新しい変化を!

2月というと世間一般では豆まき、バレンタインが注目を集める月ですが、デオドールにとっては新しい期が始まる月でもあります。そのため、年始の1月末頃から2月の初めは社員全員がより一層忙しいです。かく言う私も商品の在庫管理がお仕事の一つなので、1年の総まとめとして数の合わない在庫品に一喜一憂していました。


まあそんなこんなで1年の始まり!新しい変化を!と思い立ち、今期から仕事用の眼鏡を新調しました。


新調した眼鏡
【新調した眼鏡】


今まで使っていた仕事用メガネは学生時代から付き合いの長い四角い眼鏡だったのですが、これからは印象を変えて丸眼鏡にしてみました。


新旧眼鏡を比べてみる
【比べると違う新旧眼鏡】


今日は毎月恒例の全体会議があり、初眼鏡チェンジして出席したのですがほぼ全員に気づいてもらえました!(けっこうわかるものなんですね!)

十数年付き合った古いメガネも緊急時メガネとして会社に残しておきますが、新しいメガネと共に今期からは仕事を頑張ろうと思います。


これはちょっとした自慢なのですが、メガネ屋さんに古いメガネを持っていったら、「十年も使ってるなんて信じられないくらいレンズも劣化してないしフレームもきれいだ!」と吃驚されました。

物持ちはいいタイプなんですが、プロの人に褒められるとやはりうれしいものですね^^


もし来社される方は、私の新しいメガネにも注目してみてください(笑)


(大久保)

新しい眼鏡と共に。1年の始まり!新しい変化を! のページへ移動する

梅酒の梅・・・その後の利用法

まだまだ寒い日が続いていますが、梅の花は満開を迎え春も近づいてきたようです。

梅・・・といえば、私は梅酒を最初に思い浮かべてしまいます。以前、梅酒についてはブログに書いたことがありまして、私の母が毎年梅酒を作っているので晩酌でたまに飲むのを楽しみにしています。(梅酒の画像をクリックすると以前のブログへ移動します。)


グラスに入った梅酒
【手作りの梅酒】


梅酒を飲み終わると漬けてあった梅だけが残ってしまい、なんとなくもったいないなと感じながら捨てていました。梅酒好きな方達は梅をどうしているのか疑問に思い、ネットで調べてみたところ用途は色々ありました。

取り出した梅は梅ジャムにしたり、細かくつぶして炭酸水と混ぜて飲んだりするとおいしくいただけるようです。様々なレシピの中で私が興味を持ったのは、豚かたまり肉と一緒に煮込む調理法です。梅と一緒に煮ると豚肉がさわやかな味になるそうなので、近いうちに挑戦してみたいと思います

また、調べているうちに梅を漬けっぱなしにするのは良くないことも分かり驚きました。梅酒の梅は漬けてから1年を目安に取り出すのが良く、それ以上過ぎると苦み成分が出てきてしまうそうです。梅を取り出した後も、砂糖が熟成していくので風味が変わりコクは深くなっていくそうです。


《お知らせ》

今年も楽天デオドールショップにて『梅の香り』を販売しています。今年は手軽に使える紙ケースタイプでも販売しています。私も早速玄関に飾って香りを楽しんでいます。

梅の香りビーズ(期間限定商品)
【香りビーズ『梅の香り』】

デオドールの梅の香りはどんなものかといいますと、あの高貴で優しい花の香りをしっかりと再現しています。一方、市販でよく見かける梅の香りは、どちらかというと梅ガムを思わせる食べ物の梅の香りが多く見受けられます。おもてなしに最適で、自分の気分も上がる香りは前者だと思うのですが、いかがでしょうか。


※こちらの商品は販売を終了いたしました。ご愛用ありがとうございました。(2020.3.3)


  • 梅の香り<森のカプセル> 価格:1,320円 (税込)
    玄関やトイレなどにしっかりと香らせたい場合におすすめ
  • 梅の香り<紙ケースタイプ> 価格:500円 (税込)
    気軽に持ち運びたい、自分の机周りだけ香らせたい場合におすすめ

(奈良岡)

梅酒の梅・・・その後の利用法 のページへ移動する

タピオカドリンク 瑪蜜黛(モミトイ)~大久保食べ歩き~

こんにちは!最近は寒さにかまけて会社近くのお店でお昼を済ますか、社内でお弁当を食べていた為、タピオカ巡りもすっかりご無沙汰してしまいました...。新年を迎えお正月の初売りで暖かいコートを新調!出来たので、久しぶりに遠くまで足を延ばしてみました。


◎瑪蜜黛(モミトイ)新大久保店◎

今回のお店は、台湾で人気のクレープ屋さんから生まれた台湾ドリンク専門店。新大久保以外にも見かけたことがありますが、買うのは初めてです。場所は、新大久保駅を出て正面にある道を高田馬場方面にまっすぐ歩いていくとあります。


タピオカドリンク瑪蜜黛 外観
【瑪蜜黛(モミトイ)新大久保店】


昨年から大久保と高田馬場の間に大学の新キャンパスが出来たので、学生さんがとても多い通りになっていました。駅からやや遠めの立地になぜタピオカ屋さんが?と一瞬思いましたが納得です。


タピオカドリンク瑪蜜黛 メニュー
【メニューも豊富】


寒い日だったので、頼んだのはホットのタピオカピスタチオミルク!ホットだと容器が透明でないので見た目はいまいちですが、店員のお姉さんが可愛いイラストを描いてくれました。嬉しいです!


ホットのタピオカピスタチオミルク
【かわいいイラスト入り!タピオカピスタチオミルク】


ホットのタピオカドリンクだとスプーンですくうタイプのアツアツなお店もありますが、こちらではストローで吸っても火傷しない、ほどよい暖かさで出てきました。


タピオカピスタチオミルクの色合い
【タピオカピスタチオミルクの色合い】


色合いは抹茶ミルクと大体同じ。でも、ひと口飲めば、その違いが分かります。甘いホットミルクにピスタチオのおいしさと黒糖タピオカのモッチリ感がベストマッチ!冷たいタピオカもしっかりとした存在感があっておいしいですが、暖かいとドリンクとの一体感が上がってやさしさに包まれるようです。

他にもいつの間にか新しい店が出来ているようです。寒さに負けず、またウロウロしたいと思います!


■今までにご紹介したタピオカドリンク店

  1. 茶加匠
  2. tapi-mo(タピモ)
  3. HEERETEA 東喜
  4. 日本茶ミルクティー専門店OCHABA
  5. 有點甜 (ユウテンテン )A Little Sweet
  6. HOICHA(ホイチャ)新大久保店
  7. 瑪蜜黛(モミトイ)新大久保店(このページ)

(大久保)

タピオカドリンク 瑪蜜黛(モミトイ)~大久保食べ歩き~ のページへ移動する

においも違う!子供と一緒に手作り味噌

こんにちは。
発酵食品である味噌は手作りするものと市販のものとを比較すると味も栄養価もかなり違うと聞き、去年から味噌を手作りしています。今年はちょっと遅めの3月上旬にご近所さんと一緒に仕込みました。

必要な材料は大豆と麹と塩のみ。前日に大豆を水に浸し、翌日大豆を指で潰せるくらいの柔らかさに煮て、厚めのビニール袋に入れます。二人の子どもに足で踏み踏みして大豆をつぶす作業をしてもらいました。少しすると飽きてきたようなので、音楽を流して大豆の上で踊ってもらったりもしました(笑)


味噌作り1


部屋いっぱいに大豆の香りが広がります。まさに朝、豆腐屋の前を通る時のにおいと一緒です。豆を潰すのは子供たちに任せ、その間に麹と塩を混ぜておきます。

大豆がしっかり潰れたら、麹と塩を混ぜてまるめて味噌玉をつくり、容器に入れていきます。空気を抜くようにびっしり詰めます。あとは重りを乗せて、秋頃まで冷暗所で寝かしておきます。


味噌作り2



そして月日が経ち・・・今年も夏を越え、味噌が出来上がりました!

猛暑の影響もあり、夏の終わり頃には発酵している納豆の様なにおいが強く、腐ってしまったのではないかと心配になりました。去年の味噌は親戚や友達に配り好評化でしたが今年はどうなるか・・・ドキドキしながら蓋を開けてみました。


手作り味噌


しっかりと出来上がってました。手前味噌ですが味もまろやかでおいしいです。市販のものと比べると、やはり味噌のにおいも強めです。これからこの味噌を使って料理をするのが楽しみです♪


(奈良岡)

においも違う!子供と一緒に手作り味噌 のページへ移動する

お問い合わせはこちら
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9