厨房排気の消臭における現場や話題を日本デオドールが更新-1ページ目

サイトマップ
厨房排気消臭の日本デオドール
    
消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭は日本デオドールにお任せください

消臭器の電源が入っていないと・・・

こんにちは!日本デオドールの福島です。


先日、中和消臭器を設置したスタミナ料理屋さんからにおいの苦情が出てしまったとご連絡があり、急いで伺いました。
取り付けたばかりなのに、なぜ・・・?


現場へ急行してみると、消臭器の運転スイッチが入っていないのが原因でした。
機器の故障でなくてよかったです。
早速スイッチを入れ、消臭器について再度ご説明させて頂きました。


電源が必要なDMDシリーズ
【スイッチONが必要な中和消臭器DMDシリーズ】


消臭器稼働後は、においの苦情もおさまりました。一安心です。



弊社の消臭器の中には、排気ファンと連動して動く電源不要の機種もあります。
しかし、このDMDシリーズはポンプを使うため電源が必要です。
(運転スイッチは、本体の扉を開けた内部の右下にあります。)


排気フードとグリスフィルター
【グリスフィルターに消臭剤を発散】


新店舗では、工事完了から店舗オープンまで時間の空く事もあり、その場合は消臭器の電源をOFFにすることが多いです。


厨房排気の脱臭装置というものは、あまり馴染みのない機器ですので、稼働させるまで日数があると電源を入れるのを忘れてしまうのだなと改めて感じました。



運転スイッチを入れないと苦情につながってしまう。
これは逆に中和消臭器の効果が証明されたとも言えますが、せっかく取り付けたなら常に良好に稼働して欲しいですね。


オープン後のアフターフォローもしっかりと行っていきます。


(福島)


とんこつラーメンの豚骨臭を消臭する、厨房排気と排気ダクトから取り除く方法、迷惑苦情をなくす消臭

東京都内にある人気とんこつラーメン店。スープが自慢で行列ができるほどのお店で、厨房排気対策として日本デオドールの消臭機器を導入いただきました。
今回はその導入の経緯と効果についてご紹介いたします。


【導入の経緯】
〇問題となっているにおいはどのようなにおいでしょうか。
ラーメンはなんといってもスープが大切。特にとんこつラーメンは豚の骨を何時間もかけてコトコトと煮込むことで美味しいエキスがいっぱいのスープが出来上がります。
動物の骨を長時間煮込むとなると、やはり問題となるのがニオイです。
独特の獣臭は食欲をそそる反面、トラブルに繋がることもあります。
数ある飲食店の中でもとんこつラーメン店の厨房排気は排気のニオイが強く問題としてあがりやすいと言えるでしょう。


〇お問い合わせいただいたきっかけ
消臭器を導入いただいた店舗様周辺は飲食店が多く、近隣とのニオイトラブルはありませんでした。しかしながら線路の高架下で営業されていたこともあり、駅のホームでとんこつのニオイを感じるという問い合わせがあったことから消臭器の導入を検討されたそうです。


【導入の決め手】
すでに営業されている店舗様であったので、新たに消臭器を設置するスペースが取りづらかったため、コンパクトタイプの消臭機器であることが条件でした。
そこで省スペース・軽量で設置場所を選ばないデオドールの機器をご提案したところ、お店の条件に合うことがわかり決定していただきました。


【実際に導入した機器】
中和消臭器DMD-02ATⅡを導入いただきました。
機器はコンパクトでありながら消臭力はパワフルなことが特長で、液体の消臭剤を気体に変えて空間に広げるため、排気対策から屋外など開放スペースの消臭に最適です。
大がかりな工事がいらず、初期費用が非常に安価であることから多くの現場でご採用いただいております。



【導入の効果】
〇短時間終了!簡単な消臭機器設置工事
消臭器の設置はお店の営業の妨げにならないため営業終了後、深夜に行いました。
まずは消臭器。床に置くと動線の妨げになるため冷蔵庫の上のスペースに設置。軽くてコンパクトな機器だからこそ可能な設置場所です。
排気用のダクトはお店の天井裏にあったため、お店の天井と排気用のダクトにそれぞれ直径2cmほどの小さな穴を開け、その穴に細いホースを通し消臭器と繋げて消臭剤を発散させることになりました。
機器を置いてダクトと天井に小さな穴をあけてホースで繋いで工事完了。とても短時間の作業です。



〇驚きの消臭効果
翌日、お店の営業が始まってからニオイの確認を行ったところ、以前確認できたとんこつ独特の獣臭は一切感じることがなくなり店主の方も大変喜ばれました。
懸念事項でした駅ホームからのニオイのお問い合わせもなくなったそうです。


【この事例で実際に導入された製品】
導入していただいた機器はDMD-02ATⅡ。消臭液を完全に気体にして発散するため、消臭器周辺が濡れる心配はありません。
使用していただいた消臭剤は「ウッディマイルド」。脂っぽいにおいをその名の通りマイルドな樹木の香りで包み込み、においを低減します。


ニンニクのにおいもお任せください。スタミナ料理の脱臭対策

先日、中和消臭器(DMDシリーズ)の取り付けに立ち会いました。
設置して頂いたのは、ニンニクたっぷりのスタミナ料理を提供している飲食店様です。


新店舗になります。
周りが住宅なので、近隣へのにおいを配慮して脱臭装置の設置が決まりました。


スタミナ料理店に取り付けた脱臭装置
【中和消臭器DMD屋外仕様】


設備業者様にダクトに穴を空けてもらい、そこへ消臭器からホースを延ばし繋ぎます。
このホースを通じて厨房排気ダクト内に消臭剤が広がり、ニンニクのにおいを消臭する仕組みです。


作業自体はダクトへの穴空けと、機器を壁付けで固定する工事のみ。
スムーズに進んだので30分もかからず機器を設置することができました。


その後、動作確認、タイマーの設定、消臭液の補充、排気口での臭気の確認等、試運転調整を行わせて頂きました。


スタミナ料理店の排気口
【屋上までの伸びている排気口】


DMDシリーズにはタイマーが付いているので、その都度電源を入り切りする必要がありません。
電源の切り忘れがない為、無駄に消臭剤を消費してしまうこともありませんし、においの出やすい調理のピークに合わせて運転時間を設定することも可能です。



最近はマスクをしていれば周りに口臭で迷惑をかけることもないだろうと、ニンニク料理をあえて好む人が増えているそうです。


ニンニク料理を始めたら近所から苦情が入ってしまった・・・。そんな事の無いようDMDシリーズに興味のある方は、ぜひお問合せ下さい!


(福島)


台湾ラーメン(変化する排気のニオイ)ベストな消臭剤は?

寒いです!ここ数日、急に気温が低くなり体がまだ追い付いていないです。ちょっと辛めの台湾ラーメンでも食べて内側から温まりたいですね。


台湾ラーメンのイメージ
【おいしそうな台湾ラーメン】


台湾ラーメンと言えば欠かせないのが、台湾ミンチ。油にニンニク、鷹の爪、ひき肉などを入れて作ります。そんな台湾ミンチを作る食品工場から、デオドールに臭気対策の依頼がありました。


厨房の隙間スペースに設置した中和消臭器
【狭いスペースにも設置可能な中和消臭器】


実は、台湾ミンチの製造では調理工程によってニオイが変化するのです。調理始めはニンニク臭が強く → 鷹の爪投入でニオイが変わり → 肉・酒・醤油投入後は総菜臭が強い・・・。全ての臭気にマッチする消臭剤を選ばなければなりません。


そこで、デオドールの消臭剤のうち6種類を使って実際にテストしました。結果は次の通り。


B > A = C = E = F > D


しかし、Bだけではまだ少しもの足りない。そこで、これらの消臭剤をさらにブレンドしてテストを続けてみました。


色々試した結果、ついにベストな消臭剤ブレンドを見つけることができました!


B+C (比率は1:1)


このブレンドならばニンニク臭にも対応でき、調理工程が進むにつれニオイが変化した後も十分効果がありました。


排気口に消臭剤
【厨房排気に気化した消臭剤を発散】


台湾ラーメンの排気ダクト
【排気口から消臭しながら拡散】


消臭剤については、弊社の経験をもとにおすすめのブレンドをご提案しております。しかし、材料や調理工程にこだわりのある店舗などは、平均的な臭気とは違う独特のニオイになる場合もあり、最後はやはり実際に試してみるのが一番かもしれません。


弊社では小型機種によるデモテストや、消臭器のレンタルも行っておりますので、必要に応じてご相談くださいね。


(小林)


ステーキハウスのニオイ、まずは消臭テストから

とあるステーキハウス。お肉を焼くキッチンが店内から見えてなんとも美味しそう。新鮮な野菜のサラダバーもあり、平日ランチタイムも大盛況です。(コロナ禍前)


ステーキハウスのキッチン
【ステーキハウスの店内】


屋根上の人目に付かないところに、弊社の中和消臭器(DMDシリーズ)が設置されています。


ステーキハウス屋根上の中和消臭器
【屋根の上に設置された中和消臭器】



雨よけカバーを開けたところ
【雨よけカバーを開けたところ】



実は、こちらのステーキハウスから、
「排気のニオイを、少し香りを付ける感じで変化させたいんですが・・・」
というご相談を受けました。


臭質を変化させることにおいて、弊社の「中和消臭器」は得意分野です。1週間ほどテストしたところ、結果を気に入っていただき直ぐに採用が決まりました。


消臭剤は排気ダクト内に放出しますが、テスト時に開けた50φの穴はそのまま利用し、消臭器本体のみ付け加える形で上記写真の様に設置できました。


厨房排気の排気口
【ステーキハウス厨房排気の排気口】


こちらの写真をご覧ください。排気口から勢いよく厨房排気が排出している様子が分かるでしょうか?弊社の中和消臭剤は気体のため、排気後も調理臭と反応しながら大気中に広がっていきます。向こうのマンションへ届くころには、臭質も良くなりしっかりとニオイが改善できていることでしょう。


テスト後、もし不採用となっても元の設備に大きな傷跡を残すことはありません。お客様には納得の上ご利用いただきたいですから、導入を迷っている場合はぜひ消臭器のテスト設置をご検討ください。


(西)


1  2  3  4  5  6


消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭の日本デオドール取り扱い商品一覧消臭の仕組み厨房排気消臭の導入メリットかんたん設置方法導入事例 | カタログ一覧お客様の声厨房排気消臭の料金よくある質問日本デオドールの会社概要 消臭に関するお問い合わせプライバシーポリシー悪臭防止法とは消臭アドバイス消臭剤の選び方