『 オフィスで気になる臭いとは?快適な仕事空間にするための消臭方法』においのブログ

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

オフィスで気になる臭いとは?快適な仕事空間にするための消臭方法

オフィスは加齢臭などの体臭やカビ臭いニオイ、エアコンなど空調からのニオイ、原因不明の悪臭など様々なニオイが発生する可能性があります。
オフィスでお仕事をしていてニオイが気になることはありませんか?

オフィスが臭いと集中力が下がり仕事のパフォーマンスに影響する、社員が定着しづらいという事もあるようです。

今回は創業以来30年以上、消臭・脱臭などにおい対策専門エンジニアリングとして日々臭い問題に取り組む日本デオドールから、「気になる臭い」や「悪臭」の元となりうる臭いを消臭し、そこで働く方々が心地よく仕事に集中できる環境を作る方法をご紹介します。

この記事を読んでわかること

  • オフィスの悪臭や気になるニオイの原因がわかる
  • 実際にあったオフィスの臭い問題とその対策がわかる
  • フィトンチッド消臭を使ってオフィスの臭いを消す方法がわかる

臭いの原因はコレだった

オフィスでの臭い問題の一番の原因は「オフィスには様々な臭いに溢れている」ことです。1つ1つはそこまで強い臭いではなくても、色々な種類の臭いが混ざりあうことで、何とも言えない独特な強い臭いになってしまうケースも多くみられます。

そのため臭いの元となっている臭いの種類を知り、臭いの元を探し出すことがまずは大切です。
臭気調査や脱臭装置の導入など様々な臭いの現場経験から、オフィスの気になる臭いの原因になっていたものを臭い別に取り上げます。

体臭

オフィスには様々な年代の人が多く集まります。色々な方が集まるぶんだけ色々な臭いが集まります。体臭や汗のにおい、化粧品や香水、柔軟剤のにおいなど、1人1人の臭いは弱くて気にならない程度でも、人数が集まることによって臭いが混ざりあい、そして臭いの強度が増すこともあります。

香水や柔軟剤も香りも、単体なら良い香りでも他のにおいと混ざると不快な臭いになることもあるので要注意です。

食べ物の臭い

食べ物の臭いも原因の一因です。ランチに出かけたときに服にしみついた臭い、オフィスで食べたお昼のお弁当の臭い、気分転換に飲んだコーヒーの香りなど、気が付かないうちに臭いの元をオフィスに持ち込んでいるのです。

生臭いにおい

オフィスからの臭気調査のご依頼で多く見受けられるのがこの「魚のような生臭いにおいがする」という件です。
オフィスで魚の臭いがしたら確かに不思議、ちょっと驚きますよね。でも実はよく耳にするご依頼内容なのです。

魚のような生臭いにおいの原因は、断熱材として使用しているグラスウールであるケースが多々あります。
通常グラスウールからそのような臭いは発生しませんが、湿度などの影響でまれに化学変化を起こし魚のような生臭い臭いが発生する場合があります。

腐ったような臭い

こちらも時々いただくご依頼で「腐った肉のような臭いがする」というご相談があります。キレイに掃除されているオフィスで腐った肉の臭いがするというのは意外ですよね。

この場合、天井裏を調べると原因が見つかることが多くあります。においの元の正体は、ずばり「ネズミの死骸」。オフィスはキレイでも天井裏にはネズミが入ってきてしまうことがあるのです。腐った臭いを感じたら、そのような可能性も考えられますよ。

カビ臭いにおい

オフィスでかび臭いがする場合、においの元になっているのは「エアコンなどの空調」であるケースが多く見られます。
床や目に見える部分はキレイに掃除しても、空調機の中のメンテナンスまではなかなか手が回らないことも。

しかしエアコンなどの空調機の内部は想像しているよりも汚れるものです。内部に溜まったほこりにカビが発生し、空調の風とともにカビの臭いがオフィスに漂ってしまいます。

実際にあったオフィスの臭い問題とその対策

オフィスの臭い対策の事例として、実際に起こったオフィスでの臭いトラブルとその解決方法をご紹介します。

①オフィスビルでの生臭いにおい

どこからともなく漂う生臭いにおい。こんなところから臭いが出てた?!
弊社の「臭気調査」に時々ご相談がくる「オフィスビルでの生臭いにおい」トラブル。グラスウールではなく意外なモノが犯人であることもありました。今回ご紹介するのはその一例です。

現場状況

とあるオフィスビルの1室から「部屋中に生臭いにおいがする」とのご依頼をいただき調査員が伺いました。普段はあまり使用していない部屋で、時々使用するときに入室すると生臭いにおいを感じるとのことでした。

調査員が確認したところ、確かに部屋全体に生臭いにおいを感じました。強いにおいの発生源があるというよりは、部屋全体に臭いがふわっと漂っている、そんな印象でした。

原因判明

天井裏など確認できるところは確認するも臭いの発生源は見つからず。よくあるグラスウールからの臭いでもありませんでした。

再度においを確認すると床に近づくほどにおいが強くなることわかり、床に敷いてあったタイルカーペットをはがして臭いを確認すると・・・犯人発見!臭いはタイルカーペット裏面から発生していました。

実はこれも時々あるケースです。床下地コンクリートにタイルカーペットを貼ると湿度などの影響で接着剤が変質して「魚のような生臭いにおい」が発生することがあるのです。

対策・その後

このような場合、一番良いにおい対策は「とにかく換気」です。普段使用されないお部屋でしたが、なるべく窓を開け部屋の空気を入れ替え、また床を乾燥させることが大切です。

換気を徹底した結果、だいぶ臭いが低減したそうです。

②部屋に漂う腐敗したような臭い

天井裏がトンデモナイことに・・・。天井裏に臭いの元があった場合、どのような対策が有効なのかご紹介します。

現場状況

周辺に飲食店があるオフィスビルの一室で「腐敗したような臭い」がするとのご相談をいただき、調査員が伺いました。
調査員が臭いの状況を確認したところ、フロアの中でも臭いが強い場所とほとんど臭いを感じない場所があることがわかり、臭いの元はピンポイントにあるとわかりました。

原因判明

「強い腐敗臭」を感じる場所の天井裏を確認すると、ネズミの死骸を発見。臭いの元はこの死骸でした。
天井裏には腐敗臭が充満しており、天井の隙間から天井裏の空気が室内に流れ込むことで、室内に臭いが流れてくることも確認しました。

対策・その後

まずは原因となっていたネズミの死骸を除去し、しっかりと清掃した後消臭剤を散布し臭いもしっかり消臭。躯体にしみ込んでしまった臭い対策に置き型の消臭剤も設置。
更に天井の隙間を確認し、隙間をしっかりコーキングすることで天井裏の空気が室内に流れてこないように対策しました。

天井裏は換気が難しいため、消臭剤による消臭が必要になります。
あまりににおいが強い場合はコート剤などを塗布してにおいの発生を抑えることが必要なケースもあるかもしれません。

いままでご相談いただいた案件では消臭剤+隙間コーキングで臭いの低減ができています。

オフィスにおすすめのフィトンチッド消臭

オフィスで不快な臭いを感じた時におすすめのデオドール消臭アイテムやサービスをご紹介します。嫌な臭いをしっかり消臭するだけでなく+α効果でより快適な空間づくりにも繋がりますよ。

■オフィス全体を手軽に消臭「森のカプセルクローバー」

オフィスの中の空気を一新したい!でも大きな機械を置くスペースがない。という場合はエアコンや空調機に直接設置する「森のカプセルクローバー」がおすすめ。空調の風に乗って消臭剤が部屋中に広がります。

空調機が稼働している時間のみ消臭剤が広がるため無駄がありません。エアコンのカビ臭さも一緒に解消できます。

■自分のデスク周りのみ消臭したいときは「森のカプセル」

なんとなく自分の臭いが気になる。自分の周りだけいい香りをさせたいというときは小さな置き型消臭剤である「森のカプセル」がおすすめ。消臭剤としては勿論、リフレッシュ系のビーズを入れたら集中力がアップして仕事もはかどるかも。

■フロア全体を一気に消臭、業務用「森林浴消臭器」

1部屋だけでなくフロア全体を一気に消臭したい場合は、空調システムに業務用の「森林浴消臭器」を組み込むことをおすすめします。こちらも消臭+集中力アップ効果が期待できるとして、オフィスビルや学習塾で採用されております。

日時:2020年7月15日
お問い合わせはこちらをクリック

においのブログ

blogカテゴリー