排気の消臭に中和消臭器

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

工場や厨房排気の悪臭対策にフィトンチッド消臭

中和消臭器(排気・業務用)

厨房排気から食品工場・印刷業・畜産業など、あらゆる排気のにおい対策にご利用いただけます。工場内やごみ置場など室内のにおい環境改善にも。

中和消臭器の特徴

優れた消臭素材
中和消臭器で使用する植物精油消臭剤は、消臭効果の高い植物から抽出した植物精油をブレンドしています。優れた消臭力に加え、消臭剤の特徴として臭質の改善が可能です。また特殊素材に入っているため一定量ずつ気化発散します。気体の消臭剤ですからダクト内を腐食させたり、負荷がかかるといった心配がありません。他のシステムに影響を与えず設置できます。

消臭成分は、体内に吸い込んでも経口摂取しても毒性はなく、皮膚についても刺激性はありません。また、可燃性、爆発性の危険もありません。

低コスト
他の消臭・脱臭システムに比べイニシャル、ランニングコストとも非常に低コストです。
  • イニシャルコスト…10~50%程度
  • ランニングコスト…20~50%程度
取り付けが簡単
コンパクトで場所を取らず設置工事も簡単、後付設置も容易です。面倒な設定や制御は要りません。臭気対策に素早く対応できます。
省エネルギー
中和消臭器は排気系統の仕組みを上手く利用した設計になっています。電源不要の機種をはじめ、モーターダンパーや小型ファン搭載機種もほとんど電気代はかかりません。
応用範囲が広い
ダクト排気時の臭気対策だけでなく、においが気になる室内の環境改善にもご使用いただけます。また、燃焼式や吸着式などで脱臭対策後、仕上げ用脱臭器としてもご利用いただけます。
容易なメンテナンス
メンテナンスは通常2~3ヶ月毎の消臭剤交換、フィルター清掃で作業は非常に簡単です。効率的な消臭効果を維持するため、保守点検も当社でお受けしています。

中和消臭器の設置例

中学校給食の調理排気

中学校給食の調理排気のページへ中和消臭器DC-4SⅡ,DC-12S,VFD-1050N

給食室棟を新築するにあたり、近隣への臭い対策として中和消臭器を3台導入しました。調理排気の他、食器洗浄時のにおいも消臭しています。

詳しく見る

動物愛護施設「N」

動物愛護施設「N」のページへ中和消臭器VFD-1020NO

モルモット、ウサギからヒツジ、ヤギまで、施設内の動物臭のにおい対策。飼育舎の排気にVFD-N/TMシリーズを設置しました。排気系統に合わせて3台の消臭器が稼働しています。

詳しく見る

電子部品工場の溶剤臭

電子部品工場の溶剤臭のページへ中和消臭器DC-6Y

電子部品製造工場から発生する溶剤臭。近隣からの苦情を受け、①排気口の位置を変更し、②中和消臭器 DCシリーズを排気に取り付けました。二つの対策でにおい問題を確実に改善します。

詳しく見る

高層マンション「M」

高層マンション「M」のページへ中和消臭器VK-102ATⅡ

高層マンションのゴミ置き場。施工時に中和消臭器を設置しましたが、しばらく消臭剤の交換が行われず、ゴミ置き場の臭い問題が発生してしまいました。お客様の要望で再び新しい消臭剤をセット。その後は順調に稼働しています。

詳しく見る

塗装ブースの排気

塗装ブースの排気のページへ中和消臭器DMD-02ATⅡ

塗装ブースから排出される塗装臭の消臭。臭質も改善できる中和消臭で刺激的なにおいを改善します。近隣への臭い対策に。

詳しく見る

産業廃棄物処理施設「I」

産業廃棄物処理施設「I」のページへ中和消臭器 DMD-02AT

産業廃棄物処理場に漂うゴミの腐敗臭。職場のにおい環境を改善し、作業員のストレス低減を図るため、従業員思いの社長が中和消臭器を導入しました。

詳しく見る

土壌入れ替え工事現場

土壌入れ替え工事現場のページへ中和消臭器 DMD-02ATⅡ(レンタル)

廃棄物の混じった土壌。掘削工事中に不快な臭いが発生し、臭い対策をすることに。移動可能な中和消臭器DMDシリーズを貸し出し、空気中に消臭剤を発散させて工事現場の臭いを抑えます。

詳しく見る

機種選定

使用する機種は排気のOER(総臭気排出量)や室内容積を参考に選定します。

排気対策の場合
1.排気のOER(総臭気排出量)の計算
OER=排気風量(m³/分)×臭気濃度
  • 新築でない限り、現状把握のため臭気測定をお薦めしますが、およそ次の数値を参考にしてください。(臭気測定は弊社で承りますのでご相談ください。)
  • 臭気に変動がある場合は、平均時の値で計算します。
工場排気の推定臭気濃度 ※排気風量50m3/分程度以下の場合
排気の種類 臭気濃度 臭気指数
塗装・印刷工場 3,000~5,000 35~37
FRP製品製造工場 3,000~5,000 35~37
ゴム工場 3,000~5,000 35~37
給食センター 1,000~2,000 30~34
食料品製造工場 3,000~5,000 35~37
食肉加工・肥料工場 1,000~3,000 30~35
産業廃棄物中継場 1,000~3,000 30~35
厨房排気の推定臭気濃度 ※引用
排気の種類 臭気濃度(ピーク時) 臭気指数(ピーク時)
和食 (一般、天ぷら、ソバ) 600~1,200(2,000) 28~31(33)
和食 (ウナギ、焼き魚など) 1,200~2,000(4,000) 31~33(36)
中華 (一般、ラーメンなど) 800~1,500(2,500) 29~32(34)
中華 (ニンニク、ネギを多用) 1,500~2,500(5,000) 32~34(37)
焼肉 (一般) 1,000~2,000(3,000) 30~33(35)
焼肉 (ニンニクを多用) 2,000~3,000(4,000) 33~35(36)
ファストフード 1,500~2,500(4,000) 32~34(36)
洋食 (一般) 600~1,500(2,500) 28~32(34)
洋食 (カレー) 1,500~2,500(5,000) 32~34(37)
洋食 (イタリアン、エスニック) 2,000~3,000(5,000) 33~35(37)
弁当 1,500~2,500(4,000) 32~34(36)
惣菜 (揚げ物など) 1,500~3,000(5,000) 32~35(37)
タレ、ソース製造(自家製造) 5,000~30,000(50,000) 37~45(47)
  • 引用:公益社団法人におい・かおり環境協会 環境庁大気保全局大気生活環境室「悪臭防止技術の手引き 飲食店編」より
  • タマネギ、ニンニク、スパイス等を多量に使用する場合は、臭気濃度の値が大幅に増える場合がありますので事前にお問合せください。
2.機種の選定
機器OER=OER×1.5~2
臭気濃度の変動を想定して1.で求めた1.5~2倍のOER機種を選定します。
(機器対応OERは下表参照)
中和消臭器OER対応表
厨房排気を例に、具体的な機種選定を別ページで紹介しています。機種選定例
室内対策の場合
1.室内容積に対応する機種を選定します。(下表参照)
中和消臭器対象容積
  • この表は専用配管方式(臭気強度2~3)の対象容積となります。専用配管方式(臭気強度3~4)、エアカーテン方式の場合は、対象容積は上記2分の1になります。(屋外対策の場合も同様)
  • 室内容積が広い場合は設置台数を増やしてください。

機種選定は実際の現場状況に合わせていたします。詳しくはお問い合わせください。

消臭剤必要量
消臭剤は、消臭剤の対応OERまたは容積によって必要個数が決まります。詳しくは中和消臭器の消臭剤をご覧ください。
中和消臭器の消臭剤

中和消臭器一覧

VFD・VTD-N/TMシリーズVFD-N/TMシリーズ
中和消臭器の標準タイプ。各種工場排気、または大容量の厨房排気のにおい対策に。ダクト負圧側に吹出ノズルを接続する電源不要タイプ。大容量で電源不要!工場から排出されるニオイに
VFD-SRX/SRXTシリーズVFD-SRX/SRXTシリーズ
ファン内臓タイプの中和消臭器。各種工場排気、工場内のにおい対策に。エアカーテンとして出入口を消臭することも出来ます。大容量ファン付タイプ!工場内のニオイ環境改善にも
DCシリーズDCシリーズ
レストランや飲食店の厨房排気用消臭器です。中小規模の現場に向いています。排気ダクト側面設置型から床置型まで、いろんなタイプを取り揃えております。小~中容量の厨房排気に!ダクト直付けタイプも有
VKシリーズVKシリーズ
マンションのゴミ置場やゴミピット、機械室などの消臭におすすめの室内用中和消臭器です。ゴミ置場のにおい対策に是非ご利用ください。小~中容量の室内用!ゴミ置場や作業場のニオイに
DMDシリーズDMDシリーズ
コンパクトながら高濃度臭気にも対応できるドライミストタイプ。畜産事業場、コンポスト工場、工事現場などのにおい対策にもご利用いただけます。コンパクトだけど大容量!排気や屋外の臭気対策に
中和消臭器の消臭剤について消臭剤について
中和消臭器で使用する植物精油消臭剤です。推奨する対象臭気を参考にお選びください。ブレンドは全6種類!ニオイに合わせて選べます

消臭器の機種選定や消臭効果を確認するために、臭気測定を行うことも可能です。詳しくはお問い合わせください。

中和消臭器カタログ

中和消臭器のPDFカタログを見る

中和消臭器のカタログは画像をクリックすると閲覧できます。

印刷したカタログをご希望の場合は、下記お問い合わせバナーよりご連絡ください。

お問い合わせはこちらをクリック

このページのTOPへ