オゾンなど他の脱臭システムと比較

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

フィトンチッド消臭と他の脱臭法を比較

他の脱臭システムと比較

脱臭方法には活性炭などの吸着方式の他、液体消臭剤によるスプレー方式、オゾンによる酸化脱臭など様々な方法があります。デオドールのフィトンチッド消臭は、植物精油消臭剤が気体となって発散されるのが特徴で、同じく気体として広がっているにおい物質に有効に働きかけます。

ここでは当社の消臭方式と、その他の代表的な脱臭方式を用途別に比較しました。脱臭方法にはそれぞれ長所や短所があります。ご使用になりたい場所や状況に応じて最適な方法をお選びください。

当社ではにおい問題を総合的に解決するため、フィトンチッド消臭以外の脱臭システムも取り扱っております。取扱商品については方式名をボタンで表示していますので、詳細はクリックして専用ページをご覧ください。

業務排気用脱臭器の比較

中小規模の消臭・脱臭器を比較しています。燃焼法などは含みません。

方式 脱臭メカニズム 長所 短所 イニシャルコスト ランニングコスト 脱臭効果
中和消臭 植物精油消臭剤の総合消臭作用で臭気成分を除去する。(フィトンチッド消臭)
  • 装置が簡単で保守点検も容易。
  • 安全性が高い。
  • 高湿度臭気には不向き。
50~70%
吸着脱臭 活性炭や添着炭などの吸着剤の充填された層に臭気を通過させ、臭気成分を吸着脱臭する。
  • 運転操作が簡単で悪臭成分に応じて吸着剤を選択できる。
  • 風量や濃度変動に対応が容易。
  • 高温、高湿度臭気には向かない。
  • 臭気濃度が高いと交換費用が高くつく。
かなり高 90~99%
洗浄脱臭 臭気成分を酸、アルカリなどの中和剤あるいは液体消臭剤などと気液接触させ除去する。
  • 高温多湿の臭気除去に適する。
  • 大量の水が必要で排水処理も必要。
かなり高 60~90%
噴霧消臭 酸、アルカリなどの中和剤あるいは液体消臭剤などを臭気成分に噴霧、除去する。
  • 簡易に設置することができる。
  • 接触率が低いので消臭効果はあまり高くない。
50~70%
オゾン脱臭 オゾンによる強力な酸化作用により、臭気成分を無臭物質に分解する。
  • ランニングコストが安く、殺菌効果もある。
  • 高湿度臭気やアンモニアには効果が低い。
  • 機器類を腐食させる恐れがある。
40~60%

業務室内用脱臭器の比較

方式 脱臭メカニズム 長所 短所 イニシャルコスト ランニングコスト
森林浴消臭 植物精油消臭剤を室内に発散し、その中和作用で臭気成分を除去する。(フィトンチッド消臭)
  • 気体状で拡散するので室内全体を効率よく消臭できる。
  • 人体に安全でリフレッシュ効果もある。
  • 高湿度臭気には不向き。
  • 消臭剤を出しすぎると特有の芳香がする。
吸着脱臭 活性炭フィルターや電気集塵層に臭気を通過させ、臭気成分を吸着脱臭する。(空気清浄機などもこのタイプが多い)
  • 吸着剤の種類や量を選定することでほぼ完全に脱臭できる。
  • 空気清浄機タイプでは埃や煙の除去もできる。
  • 脱臭機を通過した臭いしか取れない。
噴霧消臭 液体消臭剤を空調システム内で噴霧して室内に発散、臭気を除去する。
  • 消臭剤の種類が豊富。
  • ドレンなどが詰まりやすくなる。
  • コイルやダクト内が錆びることがある。
オゾン脱臭 オゾンを室内に発散し、その酸化作用により臭気成分を除去する。
  • 気体状で拡散するので室内全体を効率よく消臭できる。
  • アンモニアには効果が低い。
  • 人体に有害なので一定濃度以上出すことはできない。

家庭・オフィス用脱臭器の比較

方式 脱臭メカニズム タイプ 長所 短所
森林浴消臭 植物精油消臭剤を室内に発散させて臭気物質と接触させ、においのない物質に変化させる方法。(フィトンチッド消臭) 発散型 室内の臭気全般に作用します。臭質をさわやかにできます。 消臭剤が消耗するので定期的に交換が必要です。
オゾン脱臭 オゾンを室内に発散させて空気中の臭気物質を酸化させる方法。 発散型 室内の臭気全般に作用します。殺菌効果もあります。 人体に悪影響があります。
空気清浄機
 (イオン式)
空気中の微粒子に高電圧をかけて帯電させ(イオン化)、電極板などに付着させる方法。 通過型 煙や埃の除去に適しています。 機器を通過した空気しか脱臭しません。
光触媒法 板に塗布した光触媒(酸化チタンなど)に光を当て、発生したオゾンあるいはイオンの働きで臭気物質が酸化分解されます。 通過型 殺菌効果もあります。 機器を通過した空気しか脱臭しません。
固体吸着剤 活性炭や竹炭などにニオイの粒子が付着することで脱臭する方法。 接触型 置いておくだけで簡単です。 表面に触れたニオイしか脱臭しません。
液体消臭剤 液体の消臭剤をスプレーなどで噴霧する方法。 接触型 瞬間的に効果があります。 時間と共に落下するので持続性がありません。
オゾン脱臭について
デオドールの植物精油消臭剤と同じく、気体として発散される消臭剤にオゾンがあります。オゾンは酸素分子に酸素が一個余分に結合したもので、非常に不安定な物質です。そのため、余分な酸素が他の物質に結合しようとし強力な酸化作用をもたらします。オゾン脱臭はこの酸化作用を利用して臭気物質を消臭します。強い殺菌効果もありますが、人体に悪影響があるため、使用場所・条件などに考慮が必要です。
※最近の空気清浄機には、オゾンと同じような酸化物質を室内に放出して脱臭するタイプが増えています。(イオンなど様々な名称で販売されています。)こちらの使用法にも充分ご注意ください。国民生活センターの「家庭用オゾン発生器の安全性」のページもご参照下さい。

このページのTOPへ