プラント工場のにおい対策

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

中和消臭器で焼酎粕のにおい対策

焼酎粕処理施設

対象臭気

堆肥と焼酎粕を発酵させた時の臭い

現場状況

堆肥と液状の焼酎粕を混合、発酵させ容積を減らすプラント。建物面積は約200平方メートル、高さ5メートル。

対策方法

実験用施設で原臭のデータがないため、サンプルの堆肥と焼酎粕を社内で発酵させ臭気を発生させました。活性炭による吸着方式も検討しましたが、消臭効果とコスト面などから、植物精油消臭剤による中和消臭器を採用しました。消臭器は施設内に設置し、消臭剤はシャッター上方と、施設内の換気扇(建物横)から放出するよう配管しました。

シャッター上方から消臭剤を吹き出すことで、入り口に消臭剤のエアーカーテンができ、臭いが外に漏れるのを防ぐことが出来ます。

消臭器から塩ビ管で二系統配管し、一つはシャッター上方、一つは換気扇に配管しています。
消臭器は通常ファンが一つですが、系統ごと制御できるよう今回は二つ内蔵しています。(運転スイッチも二つ着いています。)


使用機種

消臭器
中和消臭器 VFD-SRXタイプ
消臭剤
ビーズタイプ ストロングブレンド

対策後の様子

実験施設の実際の臭気指数は、敷地境界で25(アンモニア濃度4.7ppm検出)とあまり高くなく、今回の消臭器で十分対応できる臭いでした。施設の出入口が全面シャッターのため、臭気の漏れが心配な施設でしたが、中和消臭器を使用することで、コストをあまりかけずに効率よく消臭できたようです。

このページのTOPへ