病院での消臭事例(厨房排気)

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

排気の臭いを消して病院のイメージアップ

「M」病院 厨房排気

病院の厨房排気

対象臭気と消臭目的

排気口イメージ病院内の厨房から発生するにおい

複数の受診科を持つ総合病院。
病院の改修工事に合わせて臭い対策を検討しました。

院内にあるレストランの厨房排気が、歩道側へ排出されるため、歩行者へ配慮して消臭器を設置することになりました。

対策方法

植物精油消臭剤による中和消臭方式を採用。(フィトンチッド消臭)
調理臭と消臭剤をダクト内で反応させ、においを低減させてから排出する方法です。
 ■排気風量:60m3/分
 ■臭気濃度:推定800~1,200(ナポリタン等の洋食も調理)

消臭器の設置イメージ

消臭器はゴミ置場前の空きスペースに設置。

消臭剤は機器内で気化発散。スパイラルダクトで厨房排気ダクトに接続し、気体の消臭剤を送り込みます。途中に設けたチャッキダンパーで消臭剤の出入りを制御。(排気ファン停止中はチャッキダンパーが閉じ、運転時はファンの吸引力で開く仕組み。電源不要で経済的)

使用機種

消臭器
中和消臭器 DC-12S 1台
※排気ファンと連動型(チャッキダンパー式)
消臭剤
消臭ビーズ(100gパック) マイルドブレンド 8個
※年3回の交換予定

対策後の様子

油っぽいニオイはなくなり、全体的に排気の臭いも弱くなりました。
排気口の下を通っても気にならず良好です。

このページのTOPへ