脱臭と消臭の違い

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
脱臭と消臭の違い

においが気になってその対策を探す場合、
脱臭消臭かで悩むことはありませんか?

たった一文字の差なんですが、漢字に込められた意味をよく考えると、
その違いが分かると思います。

  • 『脱』・・・ある物から要素の一部を抜き取る。取れて無くなる。
  • 『消』・・・きえてなくなる。なくす。けす。

goo辞書より

脱臭?それとも消臭?


上記を踏まえて説明すると、

  • 『脱臭』・・・ニオイ物質を抜き取って除去すること
  • 『消臭』・・・ニオイ物質を消してなくすこと

と考えられます。


脱臭はニオイ物質を抜き取るわけですから、
活性炭などの吸着剤ににおいをくっつけて除去します。物理的ですね。
一方、消臭はニオイ物質そのものに作用して、
臭わない状態に変化させるので化学的といえます。

よく耳にするオゾン脱臭。
オゾンは気体ですから空気中に漂わせて使えば消臭、
オゾン回収装置も一緒になった空気清浄器タイプであれば脱臭と言えそうです。
(一般にはどちらもオゾン脱臭と呼ぶようですが。。。)


さて、脱臭と消臭どちらの方が良いか?
それはニオイの状況によります。

脱臭剤はニオイを通さないと取れません。
広い室内ではニオイを100%通過させるのは難しく、
冷蔵庫や靴箱など狭いスペースのにおい消しに向いています。
業務用では、においを集めて出す経路(排気ダクトなど)に取り付けて使用します。

消臭剤は広範囲に対処できるので、
キッチンやリビングなど広いお部屋のにおい消しにおすすめです。
(局所的にスプレーして使うタイプも消臭剤に含まれます。)
もちろん排気のにおい対策にも有効です。


脱臭と消臭、その特徴をよくつかんで
状況に合った使い分けをしていくと、良い脱臭効果が得られると思います。
自分で決められないという方は、お気軽にご相談くださいね。


(臭気判定士 小林)

日時:2013年11月29日