においのことアーカイブ 1ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「においのこと」その1

においのブログ
葬儀屋さんの線香のにおい脱臭しています

こんにちは!日本デオドールの福島です。

先日、吸着脱臭フィルター(KCFシリーズ)の試運転調整に伺いました。
吸着脱臭フィルターとは、活性炭ににおいを吸着させて脱臭する装置です。

設置したのは千葉県にある葬儀屋さん。
お線香のにおいを屋外に漏らさない為に導入して頂きました。


葬儀屋さんに設置した脱臭装置
【KCF-20FL(活性炭パレット挿入前)】


今回は吸着脱臭フィルターKCF-20FLになります。
こちらは処理風量が20m3/分で活性炭を充填したパレットが8枚入り、排気ダクトの中間に接続する仕様(両側相フランジ付)となっています。


KCFシリーズ排気ダクト中間接続
【葬儀場での設置イメージ】


パレットは1枚あたり5kg程。
それを担いで脚立を上り、天井内の筐体に収めていきます。


プレフィルターとパレット
【プレフィルター(左)、活性炭パレット(右)】


新築の現場でしたので、壁や床などにパレットをぶつけて傷をつけないよう慎重に作業しました。
結構な力仕事でしたが、無事に筐体の中にパレットを収めることができ安心しました。


脱臭剤をセットした吸着式脱臭器2
【活性炭パレット挿入後】


活性炭は定期的に交換が必要で、交換作業も弊社にて行う予定です。
今後もよろしくお願いいたします。


(福島)

2021年4月 9日
葬儀屋さんの線香のにおい脱臭しています のページへ移動する
廃電線リサイクル処理におけるゴム臭対策

今日は廃電線リサイクルに伴う臭いの脱臭事例をご紹介します。こちらの産業廃棄物処理場では、電線の被膜を燃焼処分しています。燃焼に伴い発生する強烈なゴムの刺激臭を改善したいとのご要望があり、まずは小型の脱臭装置でデモテストを行いました。


小型の吸着脱臭装置
【デモテスト用の小型脱臭装置イメージ】


現場に立ち会った担当者によると、被膜の燃焼臭は『すぐに涙が出るほど刺激的』だったそうです。テスト用の燃焼器にポータブルタイプの吸着式脱臭器を繋ぎ、特殊活性炭を通過させてから排気したところ、刺激臭はかなり緩和され脱臭効果が確認できました。

多分のミストを含む場合は必ず前処理が必要となります。


廃電線リサイクルの脱臭テスト
【被膜の燃焼臭 脱臭テストイメージ】


このお客様は排気設備を一新する計画があり、活性炭を収納する機器も先方でご用意いただけることから、脱臭剤(特殊活性炭デオケムC)のみの販売となりました。


ちなみに廃電線ですが、電力用及び通信用電線については、電線メーカー系の回収ルートが確立しており、ほぼ 100%が回収され中身の導体はほぼ100%リサイクルされているそうです。一方、外側の被膜(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ゴムなどからなる)については、プラスチック素材は一部がリサイクルされますが、それ以外は焼却又は埋め立て処分が多いようです。(参照:被覆電線のリサイクルの現状について 経済産業省ホームページより)


電線の多い国、日本。見慣れてしまって普段は疑問にも思いませんが、よく観察すると上空のいたるところに張り巡らされ、こんなに電線のあるところで生活しているのが不思議な気もします。

海外ではドローンによる空輸配達も始まっているようですが、日本では電線に邪魔されて市街地での普及は難しいのではないか、なんてことを思ったり・・・(ドローンが上空を飛び回るよりいいか。)


いずれにせよ、廃電線のリサイクルは今後も重要となるでしょう。せっかくのリサイクルが臭気問題で滞らないよう、においでお困りの時はデオドールにご相談くださいませ。


(小林)

2021年2月12日
廃電線リサイクル処理におけるゴム臭対策 のページへ移動する
アクリル加工工場の臭い対策『消臭器+ちょっとした心遣い』

気が付けば12月も半ば・・・今年も残すところあと半月・・・さすがにもうビックリはしませんが、ちょっとした諦めに近い感情が湧いてきますよね(汗)。こんにちは、技術室の島田です。


先日、アクリル加工工場へ中和消臭器の試運転※)に伺いました。東京都郊外にある事務所兼の工場では、アクリル製のキーホルダーを製作してらっしゃいます。主にアニメのキャラクターのキーホルダーとのこと。

実は半年前、すでに当社の中和消臭器 DMDシリーズを設置して頂きました。建屋の2階にアクリルを加工する機械が4台設置されているのですが、そこからプラスチックが焦げるようなニオイが発生し近隣で問題になってしまったのです。


アクリル加工工場に設置した中和消臭器
【先に設置した中和消臭器】


排気ダクトに消臭剤を挿入1
【排気ダクトに消臭剤を挿入】


写真が暗くてわかりにくいのですが、矢印部分に中和消臭器 DMDシリーズが設置されておりまして、上部の排気ダクト内に気化発散させた消臭剤を挿入しプラスチックが焦げたようなニオイを消臭しています。


アクリル工場の排気口
【民家と離れた方向へ排気】


排出口では悪臭と消臭剤の中和反応がまだ途中のためどちらのニオイもしてしまうのですが、少し離れるとだいぶ緩和されます。近隣の方々にもご説明頂き、なんとか問題も収まっているとのことで、安堵しておりました。

そして半年後の今回、1階にも同じ機械が1台増設されたとのことで、新たに中和消臭器 DMDシリーズを設置して頂きました。今年は鬼滅ブームもあったしアニメ業界は活気がありますね。


アクリル加工工場に設置した中和消臭器 その2
【今回追加した中和消臭器】


排気ダクトに消臭剤を挿入2
【排気ファンの手前(負圧側)に接続】


今回は1台分ということなので、発生するニオイも少し少なめ?


アクリル工場の外観
【排気確認の様子】


代表の方は、これまで通り近隣の方に細かく説明して消臭器を運用していくと仰っておりました。『消臭器+ちょっとした心遣い』も大切ですね。


※)日本デオドールは消臭器メーカーになりますので、消臭器の取り付けにおける配管工事は設備業者様にお願いしております。設置して頂きました消臭器の仕上げと試運転を行っております。


(島田)

2020年12月11日
アクリル加工工場の臭い対策『消臭器+ちょっとした心遣い』 のページへ移動する
ザリガニはクサくない!?

こんにちは、奈良岡です。先日、公園の池でザリガニ釣りをしました。子供に体験させてあげたくて企画しましたが、実は私もザリガニ釣りは初めてです。


長い木の棒にたこ糸を付けて、先端にサキイカを吊るすというシンプルな手製の竿を使い、池に先端をつけておくこと数分。少し引っ張られる間隔があったのでゆっくり引き上げると、しっかりザリガニがくっついていました。

子供はじっとしていられずにすぐに竿を動かしてしまうので、1匹も釣れず10分程で飽きて遊びに行ってしましましたが、親はそれなりに楽しんで2匹釣れました。


釣ったザリガニ
【釣れたザリガニ】


ザリガニと言えば、小学校の頃クラスで飼っていた記憶がよみがえります。教室の後ろの席で水槽が近かったせいか、ちょっと臭かったことを思い出しました。

でも、今回釣れたザリガニはまったくにおいがしません。調べてみると、ザリガニ自体のにおいはないらしく、水槽内の排泄物や食べ残しが原因で水が腐るため臭気を発するそうです。

水槽内にフィルターを付けたり、こまめに水を取り替えるなどすればにおいのトラブルもなく飼えるようです。また、水槽の水は多めが良いらしいですよ。


水槽に入れたザリガニのイラスト
【においの原因は水槽内の水】


今回釣れたザリガニは池にリリースしてあげました。もう少し暖かい季節の方がたくさん釣れるらしいので、来年は9月頃行って子供にたくさん釣らせてあげたいです。


(奈良岡)

2020年11月25日
ザリガニはクサくない!? のページへ移動する
エレベーターの臭い対策にも森林浴消臭器

本日11月10日は『エレベーターの日』(日本エレベーター協会が制定)。どうやらこの日に日本初の電動式エレベーターが設置されたようです。今から130年前の明治23年。一体どんなものだったのでしょうね。

エレベーターのイメージ
【エレベーターのイメージ】

私がよく利用するのは食品スーパーのエレベーター。1階が駐車場、2階が売場となっているのですが、2階で買い物をして荷物が多くなりすぎたとき、カートに乗せたまま1階までエレベーターを利用します。

それくらい階段使いなさいよ!って自分でも思いますが、だってねぇ、帰り道は延々と上り坂が続くのですよ。少しでも体力を温存したいじゃないですか。何しろギア無しのママチャリですから・・・エレベーターは、混んでない時に利用するちょっとした贅沢です。


そんな、日常生活に溶け込んだエレベーター。不特定多数の人が利用する便利な籠は、においがこもるとなかなか消えてくれません。でも、そこにデオドールの森林浴消臭器があれば!気体のフィトンチッド消臭剤がエレベーター内に広がり、嫌なニオイをさわやかに消臭してくれます。

体臭や口臭、カビ臭いニオイだけでなく、別フロアの焼肉店から入り込んだ焼肉のニオイや、生ゴミをエレベーターで運んだあとの残り香や、ヘビースモーカーが残していったタバコ臭など・・・エレベーター内は意外とにおいの宝庫なのです。


おすすめの商品を少しご紹介しますね。


■エレベーター内に壁掛け設置 "ミニ・フォレストバッテリー"
商品に付属のネジとアンカープラグを使って壁(または天井)に取り付けるだけ。乾電池でファンを回して消臭剤を広げるタイプですので、電源の取りにくいエレベーター内でも使いやすい機種となっています。
https://www.deodor.co.jp/katei/miniforest.html#battery

ミニ・フォレストバッテリー壁面取付イメージ


■エレベーターの空調に接続 "森林浴消臭器PE-101Sシリーズ"
こちらは少し大きめのエレベーター向き。空調機でエレベーター内の空気を循環させている場合にご利用いただける方法です。(業務用となります。設置の際はご相談ください。)
https://www.deodor.co.jp/pe-101s.htm

エレベーターと森林浴消臭器の設置例


■エレベーターホールの香り演出もできる "香り玉パック"
香りビーズを封入した手のひらサイズのパックです。空調機の吸込み側に置けば風の流れを利用して香りを広げることができ、エレベーターホールを心地よい空間に改善できます。(詳しくは下記ブログ参照↓)
https://www.deodor.co.jp/kaori/2019/10/091419.html

香り玉パックのイメージ


香り玉パックは香り用だけでなく消臭用のパックも用意できますので、本格的に消臭器を導入する前のデモテストとしてもご利用いただけます。
https://www.deodor.co.jp/kaori/product_dama.html


最近はマスクをしているせいか、エレベーターに乗っても前ほど『うっ!臭い!』と顔をしかめることは少なくなりました。でも、その分マスクの隙間から入り込むニオイには敏感になっている気がします。

エレベーターのにおいでお困りの方、是非デオドールにお問い合わせください。


(小林)

2020年11月10日
エレベーターの臭い対策にも森林浴消臭器 のページへ移動する
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
お問い合わせはこちらをクリック