日々のことアーカイブ 1ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「日々のこと」その1

においのブログ
大阪北部地震にて

このたびの大阪北部地震に際し、被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

こちら名古屋営業所は西日本地区担当という事もあり、関西方面には頻繁に伺っておりましてお客様も多くおります。(いつも有難うございます。)


実は先週には高槻市の老人ホームへ伺ったばかりでした。大阪の方皆がそう思っていると思いますが、その付近がまさか震源地になるとは。ショックというか、何とも言葉では表現できません。

その施設にお電話すると、この地震での影響はエレベーターが停止したくらいで、入居者の方には現時点では悪影響は出ていない様でした。少し安心しました。

しかし、相当揺れたのでショックを受けている方がいるという事でした。表面的な被災は少ない所でも、心的な影響など被災範囲は広く深いのが現実の様です。


私の親戚も茨木市と寝屋川市にいるのですが、やはり影響を受けており、家屋の破損、ガスが当面ストップや、細かいところでは食器が殆ど飛び出して割れたなど、余震におびえながら片づけをしなければならない状況です。

茨木市に家族7人で住む従弟に「何か必要なものある?」とメールしたところ「別に無し。あんがと(ありがとう)」と返事有。幸いにも無事なようです。


大阪のイメージ
【ファイト!、大阪!】


<名古屋支店 西>

2018年6月21日
大阪北部地震にて のページへ移動する
リフレッシュなら自然の中で

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

梅雨入りした後も晴れの日が続いた東京ですが、ようやく傘を持ち歩く機会が増えてきました。梅雨の長雨は、用心するに越したことはないですね。

さて、私が住む近くの河川敷には、「自然と遊ぶ、自然に学ぶ、自然と共に生きる」をテーマにした都市型農業公園があります。四季折々の花やハーブを育てたり、有機野菜の栽培や米作りの体験ができる憩いの場として使われています。


都市農業公園1
【都市農業公園の風景】


散歩にもいい環境ですが、私は片道5Kmのジョギングの折り返し地点として利用しています。園内は広々としていて、とてもリラックスできますよ。ジョギング中、汗をかいて呼吸が荒くなっているとき、ここできれいな空気を大きく吸い込むと、とても気持ちいいんです♪フィトンチッドやマイナスイオンが食べ放題!、とは言いすぎでしょうか(笑)


このような場所にくると、人は自然なしでは生きられないんだなと、殊勝な気持ちになります。毎週末は難しいですが、時間がとれたら来るようにしています。時間にして2~3時間、使うお金は水分補給に飲むドリンク代くらいで、得られる満足感が高くコストパフォーマンスは最高です!


都市農業公園2
【森林の中にある小川をイメージ/都市農業公園】


あーーー、気持ちいい(^^)


自然の中にいると、心身ともにリフレッシュできて、また色々がんばれます。

皆様にとっても、明日もいい一日でありますように!


(おわり)



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年6月15日
リフレッシュなら自然の中で のページへ移動する
寄せ植えを楽しむ

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

東京はもう夏?、と思うくらい暑い日もありましたが、6月になったばかりで、ようやく衣替えの月になりました。みなさんはもう、衣替えはお済みですか?

私は普段から、必要以上の熱量を発しているため、先月から上着は着ておらず、気分はもう夏気分(笑)本当の夏になったら、どうなっちゃうのでしょうか?!

さて先日、そんな夏の間に楽しめるよう、花を寄せ植えしてみました。5種類の花を1株ずつ、計5株の花を用意して、大きな鉢に植えかえます。作品というほどのものはできませんが、花や土など自然に触れあい、とてもリラックスした時間を過ごせました。


寄せ植え1
【寄せ植え/30cm四方の大きさの鉢に夏の花を集めました】


まず鉢の半分くらいの深さまで、土を入れておきます(左下写真)。株のレイアウトが決まったら、淵下3~5cmくらいまで土を追加します。このとき、水を入れたとき、ダラっと崩れてしまわないよう、指に力をある程度入れながら、土をグッと押しつけて整えるのがポイントです。

レイアウトは自由ですが、花は見て楽しむもの。嗅いで楽しむもの。見られる正面側がどちらかを決めると、落ち着くようです。私は今回、四角形の角を正面に見立てました。そして背の高いイソトマなどは後方に、アメリカンブルーなど背が低く横に広がるものは、手前に配置しバランスをとります。


寄せ植え2
【左下から右回りに、イソトマ/ポーチュラカ(マツバボタンとも)/アメリカンブルー/ニチニチ草/セロシア】


花が生き生きとするには、十分な水が必要ですが、与えすぎるのも、根腐れの原因になり良くありません。土の表面2~3cmが湿っていたら、あえて水はあげません。そうすると根は、(水が足りなくて)こりゃ大変だと思い、土の中いっぱいに広がって伸びていきます。また、鉢底に石を入れておくと、水はけや通気性が良くなっていいようです。

今夏も暑くなりそう。目をかけて育てたら、ギラギラした夏の暑さに負けないように、元気よく咲いてくれるでしょう。夏バテしそうになったら、花から勢いをもらいたいなと思います。


(おわり)


■夏の花

  • イソトマ
  • ニチニチ草
  • セロシア
  • アメリカンブルー
  • ポーチュラカ(マツバボタンとも)

土手で撮影したら、背景の雑草と重なってしまい、せっかくの寄せ植えがぼやけてしまいました。。。もっと写真うまくなりたいな(^^)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年6月 1日
寄せ植えを楽しむ のページへ移動する
コーヒーの香りに癒される

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

先日、コーヒーを自分で淹れることを趣味にしたいと宣言しましたが、豆の準備から器具の後片付けまで、結構手間ヒマかかるものだなあと実感しています。でもあえて、自分の手で行うからこその価値があるとも思うのです。

私が思う一番の醍醐味は、コーヒーの香りを存分に嗅げることです。電動ミルなどの粉砕器で、コーヒー豆を粉々にしているときは、抽出しているときとは違ったコーヒーのいい香りを楽しめます。香りに乗って、美味しいよ♪と豆からのメッセージがダイレクトに届く感じです。深く濃いコーヒーの香りは、心を穏やかな気持ちで満たしてくれるんですよね。嫌なことがあって気分が落ち込んでいるときも、コーヒーの香りがそれらを和らげてくれるような気がします。


コーヒーの抽出まで
【左下から右回りで 電動ミル/コーヒー豆/中挽き後/抽出中】


今回は、エチオピア・イルガチェフェなるコーヒーを選びました。名称は地域名です。手に入れた豆は、「ウォッシュト」という精製方法で、水洗いを経て異物を除去してから乾燥させた後、「シティロースト」という中程度に焙煎されています。

さっそく電動ミルで中挽きにして飲んでみました。豆粒は細かすぎると、お湯に溶けやすくなり味が濃く苦味も出てしまうので、「中挽き」にしています。

味の印象は、コーヒー独特の苦味は感じなく、クリアーさが際立ちました。飲みやすいコーヒーとは、こういうものなのかなと思います。また、私には感じませんでしたが、本来は風味や甘みもあるコーヒーのようです。

舌はまだまだですが、これからもコーヒーライフを楽しんでいきます。


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年5月25日
コーヒーの香りに癒される のページへ移動する
進捗確認ミーティング

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。


4月に開催したキックオフミーティングの続きで、再び矢本先生にお越しいただき、社内全体会議が行われました。ミーティングは先生流のつかみから始まります。比較するなと怒られそうですが、私の単なるおやじギャグとは、雲泥の差です(笑)


社内ミーティング風景
【矢本先生をお招きしての社内ミーティング風景】


まずミーティング冒頭で、仕事でうまくいっていることを2つ発表しました。これは、矢本先生流の挨拶で、私はより円滑なコミュニケーションのきっかけになるこの挨拶が好きです。人間の脳は、欠けているものが気になる習性があるため、意識していい事にフォーカスするのです。それには、次のような狙いがあると教わりました。


  • (明るい)雰囲気作り
  • (発表者の)価値観を知る
  • (自らの)視点を変えるトレーニング

これは全員で行うことが大切です。時間は有限です。いい事は言うのをためらわず、みなで共有しましょう。


さて今回は、進捗状況の確認が主な内容です。どんなに素晴らしい計画を立てても、実行しなければ意味がありませんよね。


やるべき事
【本社窓に貼った総務Gのやるべきこと】


今回の進捗確認ミーティングで、私は次のことを学びました。

やることは手段であって、目標とか目的はその先にあることを再認識したことです。私たちの目標は、多くのお客様に喜んでいただいて、売上を上げること。そのゆえ気をつけなければならないのが、改善活動をやって終わりにしないということです。私が所属する総務Gは、活動内容を数値で計りづらい部門なので、特に気をつけなければなりません。

例えば、マニュアルを作ったら、最後の運用まで見届けて、改善が見られるまで工夫を続ける必要があります。やることだけを目的にせず、本当の成果を得るためには、軌道修正も大事な手段ということです。

一方、改善がある程度うまく行くと、だんだんそれが当たり前になってきて、また改善が必要となります。この改善のプロセスをぐるぐる回すのが、日々の活動そのものと言えると思います。だからそれに耐えうる心持ちが何より大切です。


全2回にわたり、矢本先生には社内全体ミーティングを行っていただきました。いい勉強になったと思うだけで、ここまで取り組んだことを無駄にしたくはありません。

先生のおかげで私たちは、課題を抽出して多くのアイデアの中から改善活動を決めて、実行計画を立てるプロセスを得ることができました。これからは、本格的な実行フェーズに入ります。やったことに対する品質の問題もありますが、例え大きくなくても、小さな成功体験を積み重ねていって、目標に近づいていけたら、きっと新しい世界が見える気がしてわくわくします。

私だけでなく、矢本先生からたくさんの気づきを与えてもらったと感じる人が多いと思います。2ヶ月間ありがとうございました。感謝しております。次も楽しみです☆Next Follow Up!


(おわり)


■重版決定
矢本先生の書籍が好評発売中です。アマゾンでは電子ブック化が、東京神田の三省堂では、POP付きで平積みされました。


矢本先生の書籍
【書籍:15分ミーティングのすごい効果】


矢本先生ってどんな人なのと思った方も、よーく知ってるよと言う方も、手にして読んでみていかがでしょうか。ビジネス本としてはとても読みやすいですよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年5月11日
進捗確認ミーティング のページへ移動する
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11