仕事のことアーカイブ 1ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「仕事のこと」その1

においのブログ
1  2  3  4
飼料臭から知る意外な専門会社

花粉症の季節ですね。日本デオドールの小林です。2~3年前からマスクなしで過ごせるようになり、治ったか!と高をくくっていましたが、1週間ほど前から鼻に刺激を覚えやっぱり花粉症・・・と思い知りました。しばらくの辛抱です。


さて皆さん、飼料臭と聞くとどんな所から発生するニオイと思いますか?
畜産場や酪農家、あるいは肥料製造工場が思い浮かびますね。


牧草のイメージ
【飼料臭といえば牧草のイメージ】


でも、先日脱臭器が導入された現場は違っていて、その会社の業務内容に少し驚きました。なんと、


粉砕専門会社


粉砕? 専門?


つまり、粒状に細かく砕く作業を専門に扱っている会社です。


世の中にはいろんな仕事があるんですねぇー。弊社の業務も特殊といえば特殊ですが、砕くのが商売なんてびっくりです。『粉砕 専門』で検索すると、意外とたくさんの会社が出てきます。それだけ、需要があるのでしょう。

細かく砕く原料ですが、ガラス、セラミック、プラスチック、ゴムといった工業製品から、ピーナッツ、ココナッツ、抹茶といった食品まで多岐にわたっています。


原料によってはニオイも発生しますから、そうなると脱臭器の出番です。今回は、酵母を粉砕する時のニオイがターゲットでした。

酵母のニオイ・・・パンを作る方ならピンとくるでしょうか。ドライイーストを使う人が多いと思いますが、あれって独特のにおいがしますよね。それをもう少し強く発酵させた飼料のようなニオイが排気されていていたのです。


ドライイーストのイメージ
【自宅にあったドライイースト(今回の現場とは何ら関係ありません)】


近隣には住宅もあり、確実に臭気を落としたいとのご要望のため、吸着式脱臭方式で検討しました。事前に小型の脱臭装置でテスト。効果が確認できたため(臭気濃度比で約90%減)、ヨウ素炭を使った吸着式脱臭フィルターに決まりました。

吸着式脱臭器のテスト
【脱臭テスト器】


世の中には、まだまだ自分の知らない専門会社がたくさんあるのではないかと思います。デオドールも臭いを改善する専門会社として、より多くの人に知ってもらいたいですね。


(ホームページ担当 小林)

2017年3月21日
飼料臭から知る意外な専門会社 のページへ移動する
消臭レンタル設備で工事現場のニオイを改善

こんにちは、名古屋支店の西と申します。
日々、ニオイのご相談、お問合せを頂き誠に有難うございます。


工事に伴い発生するニオイ対策のご相談も、以前と比較すると多く寄せられております。河川敷掘削工事、埋却処分工事等。弊社は、現場に合わせた消臭<レンタル>設備をご提案させて頂いております。


例えば下記写真は1月末より実際に使用中のものですが、川床掘削現場で汚泥が上げられるスペースに向けて、拡散ファンで消臭剤を飛ばしています。この現場の場合は向かい側にもう一セットありますので、2台で挟みこむ形になっています。


工事現場でレンタル中の消臭器
【現場で使用中の消臭レンタル設備】


最近の工事現場には防音壁だけではなく、防臭の配慮もあるのはいいですね。


<名古屋支店 西>

2017年2月 6日
消臭レンタル設備で工事現場のニオイを改善 のページへ移動する
新年に向けてクリニックの空気もスッキリ!

名古屋市内某クリニック様の、エアコン内に設置した消臭器保守作業がありました。
プレフィルターも掃除機で清掃し、消臭剤を交換します。
今年も12月に作業とご挨拶が出来ました。


エアコンと森のカプセルクローバー
【エアコンに取り付けた消臭剤】


こちらでは約15年ご使用頂いております。
考えてみると年3回交換に伺うので、15年だと45回にもなるのですね。
同じように年が暮れていくことが、うれしくもあり、ホッと落ち着きもします。

来年も皆様何卒よろしくお願い致します!!


<名古屋支店 西>


【年末年始休業のお知らせ】

日本デオドールは28日(水)から休業いたします。(年内の商品出荷手配は終了いたしました。)

お休み期間中はメールフォームやFAXからご注文・お問い合わせをお受けしますが、出荷・返信は年明けの1月6日(金)から順次対応となりますのでよろしくお願いいたします。

■年末年始休業日:2016年12月28日(水)~ 2017年1月4日(水)
■年明け出荷開始日:2017年1月6日(金)

2016年12月26日
新年に向けてクリニックの空気もスッキリ! のページへ移動する
よみがえれ消臭器!低予算で更新完了

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。

石川県にある特別養護老人ホームへおじゃましました。こちらでは、丸15年もの間、弊社の森林浴消臭器をご使用いただいております。長年のご利用、本当にありがたく思います。

ですが15年もすると、消臭器の内蔵部品が老朽化してしまうようで、東京から約500km離れた石川県野々市市へ出張修理に伺いました。

特別養護老人ホーム
【特別養護老人ホーム】


設置後10年を過ぎていますので、本来なら設備更新として、消臭器を丸ごと交換したいところですが、そうなると撤去から新しい設備の交換費用など全て含め、ゼロが6個必要な金額となってしまいます。

消臭器の筐体や配管などは、まだ使えます。

そこで、「もう疲れたよ・・・」と言わんばかりに、悲鳴(異音)を上げ始めた内蔵ファンだけを交換することになりました。これで、費用は10分の1以下に抑えることができます。


ファン交換前の森林浴消臭器
【ファン交換前の森林浴消臭器】


ところが、もともと機器を丸ごと更新するコンセプトで設計されていたので、ファンだけの交換はとても大変なのです。

まずは、電装部のスイッチパネルを取り外し、

スイッチパネル
【スイッチパネルの取り外し】


次に、扉を取り外します。


取り外した消臭器の扉
【扉の取り外し】


その後も、次々と部品を取り外し・・・。


取り外した消臭剤収納棚
【消臭剤カートリッジ収納棚の取り外し】


ついにファンが姿を現しました。

内臓ファン
【お目当ての内臓ファン】


あとは、新しいファンと交換し、元通りに部品を取付けるだけ。
無事、運転再開です。


ファン交換後の森林浴消臭器
【よみがえった森林浴消臭器】


今後も10年、15年と老人ホームのお役に立てるとうれしいですね。


消臭器の詳細は、森林浴消臭器 PE-XA・XBシリーズのページをご覧ください。


(田中)

2016年12月14日
よみがえれ消臭器!低予算で更新完了 のページへ移動する
吸着脱臭フィルター保守作業

某セレモニーホールで吸着脱臭フィルターの保守作業がありました。
葬儀ホールの備品室内での作業です。

祭壇等が置かれているのでまず養生して、
活性炭の微粉が飛散しても大丈夫なように準備を進めていきます。


室内を養生
【保守作業前の養生】


吸着パレットを慎重に運びます。


吸着パレットの運搬
【吸着パレット運搬中】


吸着フィルターの交換終了
【作業完了】


年1回の作業、無事に完了しました。良かったです。


<名古屋支店 西>

2016年12月12日
吸着脱臭フィルター保守作業 のページへ移動する
作業はかどる休日出勤

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。今月のはじめころにもブログに載せましたが、支給部品の製作が切羽詰まってきました。

室内用の森林浴消臭器『PE-101シリーズ』は、下請け会社様に依頼して製作していますが、部品の中には弊社から支給しているものがあります。その手作業で製作している配管アダプターの納期が迫ってきたのです。


PE-101STと配管アダプター
【森林浴消臭器(特注品) ~ 配管接続仕様 ~ 】


前回も納品が期限ギリギリになってしまったので、今回は早めに作業に取り掛かっていたのですが、通常勤務時間中はお客様優先ですので、やはり間に合いませんでした。急ぎの仕事や後回しに出来ない業務でいっぱいになってしまうからです。下請け会社様から、予定を繰り上げて今月中に納品して欲しいとのご要望もありました。


というわけで、休日出勤です。^_^;


ところでこの休日出勤、作業がはかどるので案外有意義な時間になります。
定時より少し遅い時間に出勤し、好きな時間に昼食を取り、作業に集中できます。


部品の加工その1
【作業中~塩ビ部品の加工_その1~】


部品の加工その2
【作業中~塩ビ部品の加工_その2】


部品の加工その3
【作業中~塩ビ部品の加工_その3】


配管アダプターひとつ作るのに4つのパーツを組み立て、接着します。


・・・・
ここで問題発生!!
なんと接着剤が途中でなくなってしまいました!!


完成した配管アダプター
【とりあえず半分だけ完成】


明日、接着剤を購入して、残り半分を仕上げるしかないですね。


ちなみに、配管アダプターは下記写真のようにダクトホースを取り付けて消臭剤を送り出す時に使います。一つ一つ心を込めて作っていますので、もし見かけたら大事に扱ってくださいね。


配管アダプターの使い方
【ダクトホース接続】


(田中)

2016年11月27日
作業はかどる休日出勤 のページへ移動する
高い所は空気良い!?

某食品工場で臭気採取作業がありました。
においを採る場所は高所なので、ヘルメット、安全帯を付けての作業です。


臭気採取作業場
【臭気採取する場所】


作業場は地上約30mの見晴らしの良い所です。
工場からの排気が、この屋上で勢い良く排出されていました。

臭気採取後は嗅覚(鼻)での確認を行います。
工程が変わる毎に確認のため実施します。


今回も問題ありませんでした! 良かったです。


においの採取中
【採取イメージ】


<名古屋支店 西>

2016年11月22日
高い所は空気良い!? のページへ移動する
妥協せず自分を戒めて ~支給部品の製作~

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
すっかり秋は過ぎ去ってしまい、空気も冷たくなってきました。とはいえ冬支度にまだ戸惑っています。コートやマフラー、手袋など・・・。


さて、
弊社の森林浴消臭器『PE-101シリーズ』は、下請け会社様に依頼して製作していますが、部品の中には弊社から支給しているものもあり手作業で作ります。

何十個も同じものを製作するのはとても根気のいることです。
作業を行う場所が半屋外なので、これからの季節は寒さとの戦いになりそうです。


部品製作中
【作業中~塩ビ部品の加工~】


繰り返し同じ作業をしていると、リズムに乗って順調にはかどる時もあれば、気を抜いて雑になってしまいそうな時があります。

ですので、このような作業を行なうときはいつも、"気を抜いて雑になること"を絶対にしないように、作業前に自分に戒めてから取り掛かるようにしています。

"まぁこのくらいでいいか"と妥協はせず、ひとつひとつを丁寧に、仕上がりの合否に迷ったら再度調整して仕上げます。


ちなみに今回製作した部品は、「配管アダプター」といって、森林浴消臭器に配管を施すためのアダプターです。


森林浴消臭器 PE-101(標準品)
【森林浴消臭器(標準品) ~ 卓上設置・直吹き型 ~ 】


森林浴消臭器 PE-101(特注品)
【森林浴消臭器(特注品) ~ 配管接続仕様 ~ 】


(田中)

2016年11月 9日
妥協せず自分を戒めて ~支給部品の製作~ のページへ移動する
10月最終日

おはようございます!
10月も今日が最終日です。(早い!)
朝晩も大分寒くなってきました。
寒さにめっぽう弱いので、これから来る長い寒期に脅えております。(情けない)


今日は下記の様な現場で多少遠出して
香り発散器の保守点検作業があります。
下記の写真のような空調機械室に機器が
設置してありまして約3ヶ月毎の定期保守を承っております。


香り発散器DMDタイプ


末日で車も多いと思いますが、
今日も一日安全に頑張っていきましょう!!!


<名古屋支店 西>

2016年10月31日
10月最終日 のページへ移動する
今はただ、一つ一つ経験を積み、疑問を消化していくことが肝

もうじき、入社後一か月が経過しようとしています。
早い段階から、様々なことを経験させていただいている村山です。伝票処理や自社製品の勉強、また消臭剤に用いるオイルの扱い方等々。


消臭器の確認
(現場で消臭器を確認)


弊社では、会社運営に関わるいずれの業務も独りで遂行できる様にという思いで、社員一人ひとりが働いています。私はというと、まだまだそのようなレベルには達しておりませんが、日ごとに責任のある仕事を言い渡されます。

かつての私では、もとよりそういった社風が理解出来ず沈み込んでいたと思います。しかし今は、ただ自分の身にひしめき合って起こる全てのことに感謝の気持ちで一杯です。


現在の自分は、過去の自分が形成している。昔の自分が間違えてくれたから、失敗を大いにしてくれたから、今の自分があると強く思います。今の自分は一瞬で過去の自分に変わります。着実にひとつひとつの物事を目の当たりにし、失敗を恐れず目の前のことに立ち向かいたいと思います。


(村山)

2016年10月27日
今はただ、一つ一つ経験を積み、疑問を消化していくことが肝 のページへ移動する
消臭の現場へ初同行

先週は、入社後間髪入れず沢山の業務に追われ更新が出来ませんでした、村山です。

本日、初となる現場へ、田中さんの同行で行って参りました。


デオドールの作業着
(初めて袖を通した作業着)


お供したのは平成11年設置以後、現在に至るまでお取引をしていただいている現場です。今回は、月一度行なうメンテナンスの日でした。実際に設置されている消臭器の状態を確認し、安全を確かめながらメンテナンスを行っていきます。(私は傍で見せていただきました。)

こちらでは主に室内消臭を行っており、下水処理施設内の下水のにおい、又ゴミ収集車の中継地点のごみのにおいの対策をしています。


担当によっては、作業の中に少しずつこだわり等があるようです。田中さんの場合、車からその場へ消臭剤を持って移動する際に、デリケートな事柄であるため香りが他の所で露出しない様蓋付きの入れ物に入れて運んでいました。においのことを知り尽くした先輩の為せる業なのだと感じました。


ところで、私は今までの人生経験の中で営業や現場へ出向いていくという業務をしたことがなく、本日はとても緊張していました。ですが、上司である田中さんが私の気持ちを楽にさせようと気遣いをして下さり、そのお陰で無事初めての現場同行を終えることが出来ました。

次回からは落ち着いて現場を見て、分からない所をクリアにできるよう精進して参ります。


〈村山〉

2016年10月20日
消臭の現場へ初同行 のページへ移動する
久しぶりの出張です

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
衣替えの時期ですが、日が昇るとまだ汗ばみます。最近は通勤ラッシュを避けて早目の出勤をしていますが、家を出る時間はまだ朝日が顔を出しておらず、冬の気配も感じられ、とても清々しくて気持ちいいです。


さて、先週の話ですが、久しぶりに遠方へ出張してきました。
ご依頼のお客様は東京の長年お世話になっている会社様ですが、エンドユーザー様が京都の米菓製造工場でした。弊社には名古屋支店があり通常は担当を引き継ぐのですが、今回は緊急のご依頼で翌週には注文の品を納めてほしいとのご要望でしたので、私がそのまま担当させて頂きました。

ご依頼内容は、工場排気用の消臭器です。当初は商品を配送して、現地の設備業者様に設置と試運転を行なって頂く予定でしたが(もちろん、事前にメールやお電話・FAXで施工指導と取り扱い説明をした上)、急遽、工事立会いと試運転をご要望され出張することになりました。


排気ダクトに接続した消臭器
【DMD型中和消臭器の設置】


赤丸で囲っているのが中和消臭器です。
横の木板で囲っている中に排気ファンがあります。防音のために防音材を内壁に貼って囲っているようです。

中和消臭器の上の銀のダクトが排気ダクトで、排気ファンの一次側、つまり、負圧になっているところに中和消臭器から配管ホースを接続しています。排気ファンから先の排気ダクトは屋上まで伸びており、そこから外部へ排出しています。排気設備を請け負った会社様と連携し、中和消臭器の試運転調整作業を行ないました。


10日の午後に工事立会い、11日の午前中に試運転を行ないました。
必要な工具や作業用具、それから中和消臭器に充填する消臭液を車に積み込んで、前日の夕方に事務所を出発しました。夕方から深夜にかけての移動につき、道はすいているのでまずは高速道路を使わずに行きました。

あれよあれよという間に、ついに一般道のみで京都に到着してしまいました。
14時間の道のりでした・・・。


遠方での作業につき、不測の事態に対応しにくい状況でしたが、無事、お客様への引き渡しも完了し、帰路に就くことができてとてもうれしかったです。


DMD型中和消臭器の詳細は専用ページをご覧ください。


(田中)

2016年10月19日
久しぶりの出張です のページへ移動する
モクモクしてるけど安心してください

霧のような雲のようなものがモクモクと。
真ん中に少し見えているマルイものは・・・


謎のモクモク


工場の排気口1


とある工場の排気出口でした。
水蒸気と共に排ガスが黙々と立ち昇っています。
かなりの濃度の臭気も出ているのでしょうか・・・・


工場の排気口2


安心してください。


消臭器でにおい対策


排出口の足元では、しっかりとにおい対策しております!

いつもお世話になります!


<名古屋支店 西>

2016年10月17日
モクモクしてるけど安心してください のページへ移動する
年月が経てばゴミのニオイも変化する

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
すっかり秋のはずですが、何だか蒸し暑くて過ごしにくいです。

私の通勤路には金木犀の木があちこちにあります。金木犀の木があると、目で確かめる前に、嗅覚で存在を確認することができます。道をあるいていると、「あれっ、近くに金木犀の木があるな!」と、あたりを探してしまいます。


さて、
本日は、川崎市のマンションでご使用いただいている中和消臭器のメンテナンス作業に行って参りました。
設置場所はゴミ置場です。ゴミの臭気を室内で改善する装置です。


ゴミ置場と消臭器
【中和消臭器 VKシリーズ】


平成8年に設置してから、機器は今も元気に運転中です。
平成8年といえば、私が入社した年です。
私は入社して20年、四苦八苦してまいりましたが、この消臭器は手が掛からず良好に運転し続けており頼もしい限りです。
20年間ずっと活躍しているんだなと思うと感慨深いものがあります。


消臭器のメンテ中
【交換した消臭剤を消臭器にセット中】


マンションも年月が経てば入居されている方々も代わるでしょうし、ゴミの量も変動するものです。
時代が変われば、ゴミ出しのルールも変わるでしょう。
季節や気候によってもゴミのニオイは変化します。


今年の4月からマンションの管理人さんが代わりまして、梅雨頃から、「もう少し消臭効果を上げたい」とのご意見をいただきました。
そこで、予算を変えない前提で、消臭剤をビーズタイプからメンブレンタイプに変更しました。変更してから2ヶ月が経ち、「いい感じです。」とのご意見を賜りました。


消臭剤メンブレン
【メンブレンタイプの消臭剤】


ゴミ置場内がきれいに保たれているのは管理人様のおかげですが、入居者の方々にニオイで嫌な思いをさせないように、これからも常に最善を尽くした作業を行なっていきたいと思っております。


商品の詳細は、ゴミ置き場用消臭器 VKシリーズをご覧ください。

2016年10月 5日
年月が経てばゴミのニオイも変化する のページへ移動する
ご協力ありがとうございます!

こんにちは、西と申します。

下記写真は、ある鉄骨塗装工場で
扇風機の足元に消臭器を設置しての
テスト時のものです。
工場内テストです。


消臭器のテスト


そして、下記が実際にご採用時の設置状態です。
左下の消臭器から扇風機まで専用配管ホースで
接続しております。(赤色線)
扇風機は工場全体に拡散できるように(工場様の方で)
梁に取付けてくれました。


消臭器の設置状態


扇風機の後ろから消臭剤を吹く仕組みです。


扇風機の後ろから


この現場は、販売代理店さんが2ヶ月毎に
メンテナンス訪問の予定です。
今後ともよろしくお願い致します!


<名古屋 西>

2016年9月26日
ご協力ありがとうございます! のページへ移動する
日記☆香料会社研修に行く

Aさんのケガから1か月、歩けるまでに
回復に向かっていることを知って一安心、
日本デオドール株式会社、経理の瀬田(たなばた)です。

第22回目の投稿です。 ※たなばたの由来は、こちら

ケガは、治りかけが肝心なので、じっくり療養して早く治して欲しいですね。


昨日は、大変お世話になっている香料会社様の施設見学・研修に行きました。

同社は、創業から半世紀以上の歴史がある老舗企業です。
時代により変わる市場ニーズの変化をとらえ、
常にお客様の求めるものを品質にこだわって追及する姿勢に、
弊社も安心してお取引させていただいております。

(弊社は、お客様が使いやすいように、
仕入れた香料に最適な加工を施してから商品としてご提供しています。)


研修では、20種類近い香料の原料サンプルの
においをかぐことができ、貴重な体験となりました。

ぼくは業務柄、香りそのものに触れる機会が多くないため、
サンプル一つ一つのにおいを吸い込むようにかいでしまい、
若干具合が悪くなってしまいました。

不慣れですね。。。(^^;)


香料会社での研修の様子
【原料サンプルを必死で眺めるぼく。嗅ぐのも見るのも初めてです。】


研究所では、香料のプロたちが求める香りを目指して仕事に打ち込んでいました。
例えば、1/100g単位で調整して仕上げる人がいます。
それらを多面評価する仕組みがあります。

一つの商品ができあがるまでに、たくさんの人の努力があるのを知り、
もっと香りが身近な存在になった気がします。

これからも、よきパートナー企業であり続けられるよう、
気持ち新たに業務に励んでいきたいと思います。


香料会社の皆さまには、このような機会を与えていただき、
この場を借りて感謝の意を申し上げます。


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
瀬田(たなばた)のブログは、毎週金曜日(+α)に更新予定です。

2016年9月16日
日記☆香料会社研修に行く のページへ移動する
中和消臭器の修理~その2~

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
最近は天気予報士泣かせの天候が続きますが、台風の心配をしたかと思えば、一転猛暑となったり、昨日と一昨日は汗だくで作業していました。


さて、
先日、都内某所商業施設でご使用頂いている厨房排気用消臭器において、内蔵タイマーの調子が悪いとのことで、現場状況確認に行って参りましたが、早速、修理作業のご依頼を頂きました。


タイマーの修理
【修理作業中】


厨房が稼働する前に完了してほしいとお客様からご要望があり、作業は朝7時から開始しました。


タイマーの修理完了
【修理完了】


既存のタイマーが廃盤になってしまっているので、代替えのタイマーを交換いたしました。

中和消臭器は空調機械室に設置されており、機械室には空調が効いていないので汗だくです。今回の修理台数は3台。
3時間ほどで、無事作業を完了いたしました。


今後も日頃お世話になっている管理会社様とは直ぐに連絡が取り合えるように、そしてご迷惑をお掛けしないように迅速な対応を心掛けていきたいと思います。

2016年9月 7日
中和消臭器の修理~その2~ のページへ移動する
日頃の準備がものをいう!中和消臭器の修理

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。

都内某所の商業施設で厨房排気用消臭器をご使用いただいています。
その消臭器に内蔵しているタイマーが、どうやら調子が悪いようだとご連絡があり、早速、状況確認に行ってきました。


消臭器の点検1
【点検中/中和消臭器DC-12ST】


消臭器の点検2
【点検中/中和消臭器DC-6FT】


おそらく経年劣化ではないだろうかと推測しつつ、事前に弊社で管理している物件ファイルを確認して行きました。
設置してから10年が経過しており、寿命を迎えているようです。
しかしながら、このタイマーは現在廃盤になっており、代替品にて交換することになりました。


普段の保守管理は商業施設内の施設管理会社様が行なっています。消臭器の保守管理は主に消臭剤の交換ですが、動作確認も同時にチェックしていただいています。そんな中、今回のような部品の不具合があった場合には、弊社がすぐに駆け付けるようにしています。

部品の代替品はこのような事態に備えて在庫していますので、今回も近日中に修理作業に取り掛かれます。


今後も、日頃お世話になっている管理会社様とは直ぐに連絡が取り合えるように、そしてお客様にはご迷惑をお掛けしないように迅速な対応を心掛けていきたいと思います。

2016年8月31日
日頃の準備がものをいう!中和消臭器の修理 のページへ移動する
販売代理店様のおかげです

こんにちは、西と申します。

弊社は本社が東京で、支店は現在名古屋のみになります。
少ない人数でやっている会社なので、
主に販売代理店様のお力をお借りして
全国へ販売させて頂いております。
もっと言えば、その御尽力無しでは弊社は成り立ちません。


本日、某工場で新規設置がありました。


設置工事中
<代理店さんが設置工事も実施>


ニオイのご相談を受けてから販売代理店さんと訪問をし、
その後テスト器設置。
工場ご担当者から「少し消臭剤の種類を変えてみたい」との要望があり、
種類を変えてテストして頂く。

また、代理店さんの発案で標準ブレンドを組み合わせる提案があり、
良さそうなので現地で実施してもらいました。
(このブレンドが一番好評で採用になりました。)

工場様のご協力と、経験を積んだ方の柔軟な発想が今日に繋がりました。


弊社はこういう方々にも支えられているのです。
より良い商品をご提供できるよう
もっともっとやらねば!


<名古屋 西>

2016年8月29日
販売代理店様のおかげです のページへ移動する
タイヤがバースト!でも、無事に納品できました。

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。

いや~、今日は本当にまいりました。
車のタイヤがバーストしました・・・。

それはお客様のところへ中和消臭器のレンタル品をお届けに伺う最中でした。
ごく普通の舗装された一般道で、いきなり

パン!? プシューゥ!

???

台風一過で風が強く、路上にはゴミが飛ばされていたので、何か踏んづけたかとも思いましたが、あまり衝撃はなかったので、そのまま現地で確認すればいいかと思い、そのまま走り続けました。

すると、信号待ちから動き出したとたん、

ガタガタガタガタ・・・。

右の後輪がペチャンコ。

幸い、お客様へのところへ30分前くらいには到着できそうだったので、急いでスペアタイヤに交換して、何とか5分前に到着できました。

いや~、道も順調で、余裕持って出発して良かったです!


さて、

無事、搬入できました!

中和消臭器の納品
【中和消臭器と拡散ファンの搬入/2セット】


お使いいただく場所は、とある会社で新たに工場を建設する土地です。
土壌改良を行なう作業場において、工程によって悪臭がどうしても発生してしまうようです。その悪臭が周辺に流出しないように、消臭剤を吹かします。


消臭器のセッティング
【中和消臭器と拡散ファンのセッティング】


工場の出入口に消臭器をセット1


工場の出入口に消臭器をセット2


出入り口付近に消臭剤を浮遊させ、常に消臭空間にすることで、悪臭がそのまま外に流れ出ないようにします。


前日は、台風が直撃して搬入が延期されてしまうか心配でした。
それどころか、台風一過でとても暑かったです。
無事搬入できてよかったです。

これで、現場を管理されている方々には、ニオイの心配をせずに、様々な作業に従事できることを嬉しく思います。


思い起こせば、あのバースト音はあまり聞きなれない音でしたし、初めての経験でした・・・。

2016年8月17日
タイヤがバースト!でも、無事に納品できました。 のページへ移動する
工場内のニオイ環境改造に。まずはお試しあれ!

こんにちは、西と申します。

ニオイの事なので、いくら口頭で「そのニオイを中和消臭出来ます!」
言ってもご納得いただけません。
そうなると、実際に現地テストでお客様にご確認頂きます。
下記は、先週に伺った現場のものです。


消臭器のテスト


扇風機の足元にテスト器を設置して
気体の植物精油を羽の後ろから発散。

少しミント臭のある風が広がって、
モワットした工場内の空気が爽やかになりました。

作業効率もUP!
(ミントの香りには集中力UPの効用もあり!)


<名古屋 西>

2016年8月 9日
工場内のニオイ環境改造に。まずはお試しあれ! のページへ移動する
日常業務 ~ゴミ置場排気対策編~

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
関東地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番・・・と思いきや、朝晩の集中豪雨にはビックリします。
お日さまが雲にかかればいくらか涼しいですが、日差しはきびしくなってきました。
週間予報では雨の心配はなさそうだったのに、1日で真逆の予報になったりで、昨今の空模様は天気予報士泣かせの天候ですね。
「暑いですね~」が挨拶代わりになってきましたが、体調管理には気を付けていきたいものです。


さて、先日、東京都内某所のビルでご使用いただいている吸着脱臭フィルターの保守点検に行って参りました。

吸着脱臭フィルター KCF
【吸着脱臭フィルター KCFシリーズ】


年に1回、脱臭剤の交換を行なっています。

ビルは8階建で、主に居酒屋などの飲食店が入店されています。
そのゴミが地下1階のごみ置場に集積されています。
2011年12月に、ゴミ置場換気設備の改修に伴い、臭気対策も兼ねて、弊社の吸着脱臭フィルターを設置していただきました。
排気口が1階の外壁にあります。近くには地下鉄の入り口や歩道があり、多くの人が行き交うため、排気対策としても万全を期して吸着脱臭フィルターを設置することになりました。

KCF作業前
【作業開始前】


プレフィルターを外した状態
【プレフィルターを取り外した状態】


プレフィルター
【プレフィルター】

プレフィルターを交換し、洗浄して繰り返し使用します。


作業中の様子
【脱臭剤パレットの取り出し】


脱臭剤パレット
【脱臭剤パレット 奥4枚が使用済、手前4枚が新品】


脱臭剤パレットには脱臭剤が充填されています。
メンテナンスでは脱臭剤パレットごと交換します。
脱臭剤パレットから脱臭剤を抜き出して、脱臭剤パレットは繰り返し使用します。
脱臭剤は特に腐敗臭に効果のある特殊店着炭(弊社商品名:デオケムC)を18kg使用しています。

脱臭剤パレットを装着
【脱臭剤パレット充填完了】


作業完了
【作業完了】


お客様には維持管理で手を煩わすこともなく、ニオイの問題は全く出ていないとのことで一安心です。

2016年8月 3日
日常業務 ~ゴミ置場排気対策編~ のページへ移動する
長い一日になりそうです

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
関東地方も梅雨明け間近のようで、いよいよ夏本番!の季節がやってまいりました。


今日は4時半起きで、少し早目の出勤日です。
とあるホテルの厨房排気設備でご使用頂いている中和消臭器VFDシリーズの保守点検作業に行って参りました。
厨房排気のニオイを処理する消臭器です。


厨房排気は複数系統あり、系統毎に消臭器は設置されております。
作業の前半は、天井内に設置されている6台です。場所を転々と移動しながら、消臭剤の交換をします。


消臭器のメンテナンス風景
【天井内で消臭剤の交換中】


とにかく天井内は暑いです。
天井内には点検歩廊(キャットウォークとも言います。天井内の歩くところ。)があり、場所によっては窮屈なところもありますが、楽に歩けるので作業性は悪くありません。しかし、空調器や熱い鉄管があり、これからの時期は一ヶ所を終えるごとに汗だくになります。


前半を終えるとあとは機械室なので作業は楽です。それでも空調が聞いているわけではありませんので、暑いです。
前半を終えてもまだ10時・・・。今日は長い一日になるな~~~。

2016年7月20日
長い一日になりそうです のページへ移動する
「香りの選択」お疲れ様です!

こんにちは、西と申します。

前回、設備取扱説明会に参加したブログを書かせて頂きましたが、
少し追記させて頂きます。


その現場の始まりは「消臭ではなく香り空調できますか」
というご相談からでした。
大阪へご説明に伺ったのがH26年8月でしたので、
それから2年後の取説会になります。

この現場に関するメールのやり取りは(弊社内も含め)約60回でした。
連絡事項などはメールで対処していくことも多いので、
この位の回数になるのでしょうか。


現場が進んでいく過程で、色々な決定事項が一つ一つ決まっていきます。
香り空調の場合は、「香りの選択」もその一つです。
サンプルを嗅いで選んで頂きます。

今回は「緑茶」をお選び頂きました。


緑茶の香りカートリッジ
<実際の香りカートリッジ:これを機器内にセットします>


京格子をイメージしたエントランスに、良い感じで一役担っておりました。
しかし、香りの選択には思った以上に苦労されたようです。

考えてみれば、嗅覚は五感の一つで好みは人其々なので、
約20種から選ぶのは大変な事なのです。
秋・冬期には別の香りも考えているようなので、
またその折にはご選択に御手数お掛けします!


<名古屋 西>

2016年7月11日
「香りの選択」お疲れ様です! のページへ移動する
お客様との意思疎通の大切さ

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
健康診断の結果が届きました。残念なことにコレステロール値が上がっていました。受診の1ヶ月前から毎朝豆腐一丁を食べて、「悪玉コレステロールをさげるぞー」と意気込んで挑んだ今年の健康診断は残念な結果に終わりました。もう少し生活習慣を見直そうと思います。


さて、
お客様から「消臭器が動かないみたいです」と連絡があり、もうじき消臭液の補充が必要な頃なので、前倒しで急遽定期点検作業に行って参りました。
千葉にあるラーメン店で、厨房排気から出るニオイを消すために、弊社の中和消臭器をご使用頂いております。


まずは消臭液の残量を確認しようと消臭器の扉を開けるとスイッチがOFFになっていました。このスイッチは常時ONにしておくもので、日常の運転は壁面に設けてあるスイッチでON/OFFを行なっています。

スープの煮炊きの時に出るニオイを消したいため、スープの煮炊きをするときのみ消臭器を運転できるようにしています。
あれっ?と思いつつも壁面のスイッチを入れると、消臭器は作動いたしました。
どうやら、消臭器内のスイッチを入り切りして運転すると勘違いされていたようです。


さてさて、
何はともあれ、あとはいつもの通り消臭液を補充するだけです。


消臭液の補充
【消臭液を補充しているところ】


あとは消臭器にセットして作業完了です。


厨房に設置した消臭器
【中和消臭器(棚にすっきり収納)】


思い返せば・・・
電話でご連絡を受けた時には、てっきり壁面のスイッチを入り切りしても消臭器が動かないものだと思い込んでしまいました。

寿命を迎えていそうな部品やひょっとしたら故障してしまったかもしれない部品などあらゆる部品と工具を想定して持参しましたが、一言「壁面のスイッチを入れても動きませんか?」と確認すれば勘違いを防げたかもしれないと反省しています。
お客様と意思疎通する事が改めて大切と思い知りました。


(田中)

2016年7月 6日
お客様との意思疎通の大切さ のページへ移動する
ビジネスマッチング交流会'16 準備完了

先週、香りのブログで大久保がお知らせしました「ビジネスマッチング交流会'16」の準備を着々といたしておりまして、やっと完了。
若手スタッフの大久保、松本ががんばってくれたので、とても良いブースになりそうです。


ビジネスマッチング交流会'16
【ビジネスマッチング交流会'16は新宿エルタワーで開催されます】


そこで、私からは今回の展示内容の見所をご紹介します。

「介護施設のにおい対策、環境の快適化」をご提案。

  • 室内用消臭器を展示
    場所を取らないコンパクトサイズ、室内でも気にならない運転音の静かさをどうぞご覧ください。
  • 消臭剤のサンプル展示
    介護施設での使用場所別にマッチングする消臭剤を展示いたします。消臭剤の形状にも特徴がございますので、ぜひご覧ください。

展示ブースには大久保、松本がお待ちしております。商品の説明、ご質問に応じますので、ぜひお立ち寄りください。
また、展示ブースの感想も頂けると、次回の展示の参考になりますので、よろしくお願いします。


7月7日、お待ちしております。


田代

2016年7月 5日
ビジネスマッチング交流会'16 準備完了 のページへ移動する
取説会は終わりでなくスタート!

こんにちは、西と申します。

先日に京都某現場で設備取扱説明会に参加させて頂きました。
弊社は施設エントランス香り空調設備になります。


吹出口
【天井の吹出口:ここから香りを発散します】


取説会とは竣工引渡し時に発注者側に行われるもので
各設備の取り扱い方法と引渡し日以降、発注者側の管理で
"正常な運転が可能"となることを目的に開かれます。


事前に現場ご担当者から届いたスケジュール表を見ると
A4用紙に55の設備項目がびっしりと書き込まれてありました。
一項目が大体5分の割り当てです。
そして無事にご説明を終えることが出来ました。
関係者方々に感謝申し上げます。

帰り際にご担当者へご挨拶に行くと、
その方は既に新しい現場も始まっているとのこと。
引渡しを終えてホッとするのもつかの間の様です。
弊社はそういった方々にも支えられているのです。


弊社の場合も取説会が終わりではなく
開設後に保守メンテナンスがスタートします。
今後ともよろしくお願い致します!


<名古屋 西>

2016年7月 4日
取説会は終わりでなくスタート! のページへ移動する
ビルの設備管理をされている方々へ

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
きょうもニオイに関してあれこれと皆様のお役に立てそうな(お役に立てたらうれしいな~)情報をご披露していきます。


昨日は弊社の中和消臭器VFDシリーズをご使用頂いているお客様のところへ保守点検作業に行ってまいりました。厨房排気のニオイを処理する消臭器です。
都内のホテルで新築時から設計に組み込んで頂いており、20年以上経っております。
厨房排気も複数系統あり、中和消臭器の台数は全部で14台あります。


その中には、排気系統の増設に当たり、中和消臭器も増設した系統もございます。
弊社社長がまだ社長を受け継ぐ前の社員だった頃に、私とふたりで設置工事を行ないました。中和消臭器の搬入、そして設置、配管施工まで弊社で承りました。


増設した消臭器
【増設した中和消臭器】


ビルや施設で設備管理を請け負っていらっしゃる会社様で、ニオイの問題が発生しましたら是非ご相談ください。
既存の排気設備に合わせて簡単に設置することができます。


中和消臭器には運用方法によっていくつか異なる仕様がありますが、こちらでご使用頂いている中和消臭器は電源を必要とせず、排気ファンの吸引で消臭剤を排気ダクト内に混ぜ込み、排出口から出るまでに厨房排気のニオイを消します。
中和消臭器は電気を使用しないため故障の危険要因がほとんどなく、保守点検は主に消臭剤の交換のみです。


消臭剤を取り出す
【使用済みの消臭剤を取り出します。】


新しい消臭剤と交換
【新しい消臭剤を充填します】


作業は午前中目一杯掛かりますが、後輩の細川君が良きパートナーとなってくれて、円滑に作業も完了することができています。


保守点検は弊社にお任せ頂いておりますので、設備管理会社様には日常のお手間を掛けることなく、喜びのお言葉を頂いております。


お客様の声


消臭剤をセットしたところ
【消臭剤を充填したところ】


ちなみに、使用済みの消臭剤は燃やせるゴミとして処分できます。設備管理会社様にて、あるいはお客様にて消臭剤の交換を行うことも容易です。


(田中)


消臭器の詳細は 中和消臭器 | VFD・VTD-N/TMシリーズ をご覧ください。

2016年6月22日
ビルの設備管理をされている方々へ のページへ移動する
知られざるお仕事 臭気判定士

おはようございます。
朝から深夜番組の話なんてと思いますが...

関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスがMCの「月曜から夜ふかし」(日テレ月曜日深夜24:00-25:00)を知ってますか?
「この番組は、世間で話題となっている様々な件に対してちょっとだけ首を突っ込んだり、突っ込まなかったりする番組です」とプロローグが入るんですけど...


昨日は「知られざるお仕事を調査した件」でなんと臭気判定士のお仕事が紹介されました。紹介された会社は、測定専門の会社だったようです。臭気判定士のお仕事が紹介されたのはうれしいことなのですが、知られざるお仕事とは複雑な心境でした。


においを嗅ぐ柴犬
(臭気判定士もにおいを嗅ぐことが多いです。)


弊社にも社長はもちろん、本社に5名、名古屋支店に2名の臭気判定士がおります。今年、臭気判定士の資格を取得しようと頑張っている社員も1名おります。

臭気判定士(臭気測定業務従事者)とは、人の嗅覚を用いる嗅覚測定法※を行うための資格であり、パネルの選定、試料の採取、試験の実施、結果の求め方まで全てを統括する、臭気環境分野で初めての国家資格です。

※においの測定方法には分析機器による測定法と人の嗅覚を用いる嗅覚測定法の2通りあります。


筆記試験では、

  1. 嗅覚概論
  2. 悪臭防止行政
  3. 悪臭測定概論
  4. 分析統計概論
  5. 臭気指数等の測定実務

が出題されるので、いわば臭気のプロともいえます。


全国で24,000件以上も発生している悪臭苦情を解決するために、日々がんばっております。臭気対策をしようと考えておられる工場・事業所の方々、是非、臭気判定士にご相談ください。


(田代)

2016年6月14日
知られざるお仕事 臭気判定士 のページへ移動する
家庭菜園から学ぶマネジメントのコツ

みなさーん、こんにちは。
経理の瀬田(たなばた)です。

第9回目の投稿です。

6月最初の金曜日、いかがお過ごしでしょうか。

会社は、月末を締日に設定している場合は多く、
この時期は正念場ですよね。
経理部にとっても、月末から月初にかけてが、
一か月の中で特に忙しい時期で、力が入ります!

さて今日は、家庭菜園の成長の続きです(^^)


添え木をしたトマト
【添え木をしたトマト/撮影5月15日】


5月の連休にトマトの苗を植えてから、約2週間、
25度を超えるような晴天に恵まれ、
水やりの頻度は増えましたが、
植物には好条件だったと思います。

順調に育った苗は、2~30cmほどの高さになりました。

大きくなり過ぎて、倒れないように、
また雨風にもマケナイように、添え木をしました。


添え木をしたトマト2
【添え木をしたトマト/撮影5月22日】


これで、梅雨の時期になっても、そこそこ大丈夫です。

トマトの葉が、濃い緑色になり、栄養がいいのかななどと
観察していたら、その近くに、トマトを発見!


早くも実をつけたトマト
【早くも実をつけたトマト】


水やり以外は、勝手に育ってくれた感がありますが(笑)
葉が黄色くなったり、異変を感じたら、
対策をしなくてはなりませんが、今のところ大丈夫なようです。


人の成長もそうです。

ある程度、軌道に乗れば、あとは一人で成長していくものですが、
それを支える添え木のようなものも、組織には欠かせない存在です。

経験豊富なベテラン社員には、そういう要素が求められているのだと思います。

植物からも、いろいろ学んでいます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016年6月 3日
家庭菜園から学ぶマネジメントのコツ のページへ移動する
1  2  3  4